1958-01-01から1ヶ月間の記事一覧

『若き日の日記』に学ぶ4.2:昭和33年

1月1日 7時起床。心身共、疲れている。しかし、三十にして起つ年の自覚、脈々たり。 妙光寺で初勤行。朝日、祝福するが如し。 9時、目黒のお宅へ、先生をお迎えにゆく。師と共に新年を迎えた青年部幹部の歓喜、名誉、これ以上なし。 先生、お元気のお姿であ…