2004-11-29から1日間の記事一覧

青年を育成せよ

ロモノーソフの目的は、ロシアを担う「青年」の輩出にあった。私もまた「青年」の育成こそが最大の念願である。 人を育てる――。私の心には、もはや、それ以外に何もない。学会は、世界の民衆の幸福と平和を担う、かけがえのない人類の希望である。この重大な…

子供の弟子になる母親は鬼子母神

婦人は、子供の弟子にならないように、注意しなければならない。子供に心を奪われて、信心もしっかりできない母親は、自分も女性として向上しないばかりか、子供も立派に成長させられない。そうした姿は、主人に影響を与えて、主人も働けなくなってしまう。…

弔問

昨日、ご主人を亡くしたばかりの婦人を訪ねる。葬儀は、お子さんに頼んで静岡で行ったため、地区にて追善勤行会をしたい旨、私から申し出た。 「本当にありがたいんですが、まだ主人が亡くなった実感が湧かないんです。ひょいと帰ってきそうな気がしてなりま…