2005-12-01から1ヶ月間の記事一覧

明年の決意

昨日、母の誕生日。65歳。実家を離れて19年。老いてゆく父母(ちちはは)の姿が、どうも実感できない。 本年最後の家庭指導。10件ほど回ってきた。一年間のお礼を述べる。寝てた方もいた(笑)。転入してきたSさんとも初めて会うことができた。皆、快活。皆…

幹部が意図的に流す噂

現場に入ってもいない幹部どもが、地区と関係ないところで噂話を流している。自分の無責任を糊塗(こと)しようと、必死に画策していらあ(笑)。私はよく、「正義感が強過ぎて損をするタイプ」と言われる。だが、自分では得をしてるつもりだ(笑)。普段は…

分区幹部を迎撃

現場を知らない分区幹部が、地区のことで茶々を入れてきた。私はパトリオットミサイルと化して、万全の迎撃態勢(笑)。組織悪を一掃する好機としたい。 平坦な道を歩んでいるなら遠視眼でもいい。だが、険難の尾根を進む人は、近視眼にならざるを得ない。一…

「大ナポレオン展」にゆく

最終日を迎えた「大ナポレオン展」に友人と赴く。さすがに混雑していて、じっくりと見ることできず。絢爛たる絵画と豪華な装飾品の数々。権力・経済力・文化・歴史が交錯。権力者であるが故に美化された臭いを感じた。 友人といっても、以前、勤務していた会…

今年を振り返る

この一年を振り返る。都議選直後に衆院が解散。郵政改革を問う選挙となった。師の指導、尽きることなき一年だった。甘露の如し。死亡者を出さなかったことが大勝利。マルチ商法の被害2件は致命的。10年にわたって未活動だった婦人部地区幹部を立たせる。母親…

一年の決意

尚、この学会の大組織の中で信心している私どもは、どうしても組織にとらわれ、依存して、自分自身の偉大な人間革命が、若干、惰性になる恐れがあります。それを反省し、戒めるために、また、皆さん方が福運と力を積むために、一加速度として、今日は一つ申…

私の年齢

私は現在、42歳。先生が言論問題と戦った年齢と一緒。明年は、先生が創価大学をつくられた年齢となる。「歴史をつくらずして、何のための人生か!」と轟くような先生の声が聞こえてきそうだ。 本年最後の会合。ブロック唱題会。壮年のG宅にて二人で行う。暮…

御書に関するFAQ

新入会の方から、御書に関する質問が寄せられた。「御書に線を引いたり、書き込みをしても構わないのか?」と。これは、構わないどころか、奨励されてしかるべきこと。私は以前、御書を購入したメンバーに、赤鉛筆を1ダース、プレゼントして激励したことがあ…

“流行の捕虜”“流行の奴隷”となるな

ここで流行について、少々申し上げておきたい。 一般的に、社会で暮らす私どもが、流行と全く無縁でいることは不可能であろう。諸君も、アイドルの流行(はや)りの歌に心を躍らせ、また、流行のファッションなども気にしている人が少なくないと思う(笑い)…

婦人部幹部を破折

本年最後の地区協議会。婦人部幹部を注意。この思い上がった幹部一人のために、婦人部の全活動家が苦しめられた一年だった。最初の内は開き直ってシラを切っていたが、勇気ある婦人部の証言によって撃沈。これによって、地区革命の突破口が開いた。 この幹部…

鎌倉幕府の滅亡

1192年に誕生した鎌倉幕府は、1333年に滅亡した。公家を倒し、武家による体制は、141年間をもって一旦、幕を閉じる。 鎌倉幕府滅亡の原因は、二度にわたる蒙古襲来(元寇)にあった。 ◎文永の役/文永11年(1274年)10月5〜20日 元軍→船900隻 兵3万2000人 日…

病院のお見舞いで注意すべき点

訪ねる時間――午前中は、回診や検査があるので、午後2時から夕食前の5時ぐらいまでの間が望ましい。 「短時間」、「少人数」を心掛ける。 「入院や手術の直後は控える」。「なるべく、子供は連れて行かない」。 家族から聞いた患者さんの病状を、本人の前で無…

帰省に際して

帰省する新入会のメンバーの激励をしっかりとお願いしたい。こういうところを見落とす幹部は二流である。 入会した事実を親に告げてないメンバーもいることだろう。めでたい正月を、不安の中で過ごさせるようなことがあってはならない。 手法は二つ。一つは…

撰時抄

欽明より当帝にいたるまで七百余年いまだきかずいまだ見ず南無妙法蓮華経と唱えよと他人をすすめ我と唱えたる智人なし、日出でぬれば星かくる賢王来れば愚王ほろぶ実経流布せば権経のとどまり智人・南無妙法蓮華経と唱えば愚人の此れに随はんこと影と身と声…

報道関係各位

「日蓮正宗総本山新法主に早瀬日如能化が就任のお知らせ」 平成17年12月16日 報道関係者各位 日蓮正宗宗務院 渉外部 静岡県富士宮市上条2057 Tel544−58−2955 日蓮正宗総本山新法主に早瀬日如能化が就任のお知らせ このたび日蓮正宗総本山大石寺第67世阿部日…

如説修行抄

今に至るまで軍(いくさ)やむ事なし(502頁) 本日、ニセ法主・日顕が盗み取った猊座から退く予定。C作戦の発動から丸15年が経過。大聖人の血脈が何処(いずこ)に流れ通ったかは歴然。凋落(ちょうらく)の一途を辿る日顕一派と、隆々たる発展を遂げる学会…

妙一尼について

小野不一 2005年12月度拝読御書「妙一尼御前御返事」について。 以下は私の見解。忌憚なきご意見を求む。 「夫に先立たれ、病の子や女の子を抱えながら」と『大白蓮華』にあるが、これは誤りと思われる。同御書の「しかるに聖霊は或は病子あり或は女子あり・…

地区座談会で御書講義

本年、最後となる地区座談会。「妙一尼御前御返事」の御書講義を担当する。日顕退座の模様を交え、5分で終わるという離れ技をやってのけた(笑)。決められた時間を厳守するのも、一つの訓練。この5分のために、10日間以上の準備をしてきた。 今月から、我が…

組織に「環境アセスメント」を導入せよ

「環境アセスメント」をご存じだろうか? 中身はよくわからなくても、多くの方が耳にしたことはあるだろう。英語だと「Environmental Impact Assessment」。Environmental=環境の・周囲の、Impact=影響・反響・効果、Assessment=評価・査定という意味で、…

弥源太殿御返事

又御祈祷のために御太刀同く刀あはせて二つ送り給はて候、此の太刀はしかるべきかぢ(鍛冶)・作り候かと覚へ候、あまくに(天国)或は鬼き(切)り或はやつるぎ(八剣)・異朝には・かむしやうばくや(干将莫耶)が剣に争(いかで)でか・ことなるべきや・…

ペスタロッチとナポレオン

さて、ペスタロッチとナポレオンは、直接会ったことがあるかどうか――これは大変に興味深いところである。 当時、政府の首席執政官として、皇帝への道を旭日(きょくじつ)の勢いでまっしぐらに上り詰めようとしていたナポレオン。彼は1802年、パリである会議…

慈悲の一念は敵をも見方に

戸田先生はよく言われていた。「心の世界は、慈悲深い心で接すれば、いくらでも変化するということを忘れてはならない。 ともかく、心から礼儀正しく、心から粘り強さをもって接していくことが大切である。ここに指導者の本当の姿がある」と。まことにその通…

ブロック唱題会

昨夜の唱題会は拠点のおばあちゃんと二人っきりで行った。30分間の唱題をしてから、二人で御書を2ページほど読み、終了。 「あのさ、ちょっと物騒なこと訊くけど、○○さんに万一のことがあったら、誰に連絡すりゃ、いいの?」。おばあちゃんは独り身だった。 …

妙一尼御前御返事

法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる、いまだ昔よりきかず・みず冬の秋とかへれる事を、いまだきかず法華経を信ずる人の凡夫となる事を、経文には「若有聞法者無一不成仏」ととかれて候。(1253頁) 【2005年12月度座談会拝読御書】 背景 建治元年…

十如是問答 その三

【→十如是問答 その二】 小野不一 以下、御義口伝―― 第二諸仏智慧甚深無量其智慧門の事(714頁) 文句の三に云く(中略)、甚深無量とは即ち称歎の辞なり仏の実智の竪に如理の底に徹することを明す故に甚深と言う、横に法界の辺を窮む故に無量と言う無量甚深…

模刻本尊

第一次宗門問題の際、正信会が騒ぎ立てた「御本尊模刻」に関する覚え書き。 まず、退転者の殆どが「模刻=模造」と勘違いしている。この我見ゆえに退転したともいえよう。以前、大客殿に御安置されていた日興上人の「御座替(おざがわり)御本尊」は模刻した…

如是我聞は弟子の「大闘争宣言」

仏の入滅を転機として、“救われる弟子”から“救う弟子”へと転換したのです。これこそ法華経の精神です。 だから、「如是我聞」の心とは、弟子が決然と立ち上がることです。「さあ、師と同じ心で、民衆を救っていくぞ」と、困難を求めて突き進む。その“大闘争…

阿部日顕は法主詐称

昭和54年(1979年)7月22日、日達上人が急逝。血脈相承が心配される中、22日の仮通夜の席上で椎名法英重役より、「緊急重役会議が開かれ、その席上、昨年4月15日、阿部総監(当時)に日達上人から内々に御相承の儀についてお言葉があり、甚深の御法門の御指…

十如是問答 その二

【→十如是問答 その一】 恋 議論の蒸し返しになりますが(笑)、非常に基礎的なことに戻り、私見を。 十界は基底論。十界互具は境涯論。十如是は十界が働く方法論。 単純化は危険ですが、分かりやすく理解するには、こう捉えています。三世間は、存在論とい…

唱題のペース

問い 地区や支部で唱題会を行った際に、いつも釈然とせず疑問に感じることがあります。それは題目のペースです。池田先生の指導に、「勤行唱題は白馬が天空を駆けるような清々しいリズムで」とあります。しかし実際は、錦宝会の方が多いので、題目のペースが…