2006-02-19から1日間の記事一覧

僧侶は必要か否か?

1990年(平成2年)の「総講頭罷免」に端を発した宗門問題以降、多くの学会員は怒りに打ち震えながら、打倒日顕の狼煙(のろし)を上げた。それ以降、学会は、黒い鉄鎖を断ち切ったかの如く、隆々たる発展を遂げた。 それまでは、僧侶が不可欠と考えられた葬…