2006-05-10から1日間の記事一覧

『「月刊ペン」事件の内幕 狙われた創価学会』丸山実

昨日より、丸山実著『「月刊ペン」事件の内幕 狙われた創価学会』(幸洋出版)を読む。間もなく読了。学会員ではないジャーナリストの、真実への飽くなき探究心、正義を叫び抜く執念、言論人としての誠実さ、取材力、説得力、文章力を目の当たりにする。正真…

山崎正友と原島嵩の現在(いま)

【『フェイク』第715号 2006-05-10】 「慧妙」の連載で反逆者二人が語る罰の現証 退転・反逆者の罰の現証は実に厳しく、悲惨である。恐喝犯の山崎正友、窃盗犯の原島嵩、この二人の対談を妙観講が作る「慧妙」で連載を始めたのは昨年11月16日付であった。こ…

名聞名利の人が仏法を破壊

世間的に偉くなった人が、仏法・信心を壊してゆく恐れがあることを注意しなければならない。議員とか、社会的な地位を得た人が名聞名利に流されて、この美しい和合僧団を、令法久住の清らかな哲学を破壊してゆくのです。五老僧が仏法を破壊した事実を、決し…