2007-09-01から1ヶ月間の記事一覧

“不純物との戦い”に挑め

今日、申し上げたいことは、純一なる信仰の世界を守り抜くために“不純物との戦い”に、ともどもに挑んでいかねばならないということである。清純であればあるほど、わずかの“不純”でも、大きな“乱れ”の因となり、やがては広布を破壊しゆく重大な要素となって…

V9時代の巨人軍

「あの頃の巨人は、ちゃんと2軍から選手が育っていた。あと、子供から大人までレギュラー選手全員の名前を言えた」とは桂米助の指摘。昨今は、金にものを言わせて、他チームから選手を引き抜いている有り様。我が組織においても、派遣幹部が多い地域は、他人…

「新聞啓蒙の戦いが大変だ!」

よく耳にする科白(せりふ)だ。「大変だ」と言っている内はできないよ(笑)。聖教新聞の部数は地域格差が大きく、時折、妙なノルマを押しつけられることがある。取り敢えず、「頑張ります!」と会合では言っておくに限る(笑)。幹部からの追及を、華麗な…

北朝鮮と6ヶ国協議

6ヶ国協議が上手く進んでない。最大の理由は、北朝鮮の地下資源(ウラニウムやタングステン)にある。言ってみれば、将来の分捕り合戦が繰り広げられているわけだ。核は大した問題ではない。なぜならば中国・ロシア・韓国は、北朝鮮に核を持ってもらった方が…

新記録で「青春の金メダリスト」と輝け

「教育」にかける思いが、今ほど熱く、高鳴ったことはない。今こそ「教育」のために走り、「教育」に全魂を注いでおきたい――これが私の偽らざる心境である。 その意味から、今日も少々長くなるかも知れないが、ここで記念のスピーチをし、諸君への真心の贈り…

揺れるビルマ

燃料費値上げに端を発した反軍制デモが、24日には10万人規模と拡大した。治安当局が武力行使で鎮圧を図った結果、僧侶3人と市民1人が死亡し、100人以上が負傷した。 アウン・サン・スー・チー女史が自宅軟禁されたのが1987年のこと。日本は2002年に至るまで…

ビルマで日本人ジャーナリストが死亡

長井健司さんという方が死亡したようだ。APF通信社の社長によれば、「パレスチナやアフガニスタンなど危険な場所にも果敢に飛び込む記者で、『誰かが情報を日本人に伝えないといけないから』と言っていた」とのこと。尊い志が、日本で安閑と過ごすことを許さ…

ミャンマーの武力弾圧、日本政府が駐日大使に「遺憾の意」

ミャンマー軍事政権による反政府デモへの武力弾圧に関し、木村仁外務副大臣は27日、フラ・ミン駐日ミャンマー大使を外務省に呼んで遺憾の意を伝え、事態の穏便な収拾を求めた。 ただ、日本政府は米国や欧州連合(EU)が主張するミャンマーに対する経済制裁の…

声と耳の関係

さて、「声仏事を為す之を称して経と為す」とは、私どもがしばしば口にする文である。仏法の大切な法義の一つを示す要文といってよい。しかし、聞いてわかったつもりでいても、自らその深い意義を掘り下げ、自分のものとして理解している人は少ないのではな…

NHK「その時歴史が動いた」

失礼、フライングでした(笑)。でも、いい番組でしたな。 今晩、22:00から放映される「その時歴史が動いた」(NHK総合)で、先生のことが紹介される予定。 番組紹介 昭和47年に実現した日中国交正常化。わずか4日間の日中間の交渉は、一度は暗礁に乗り上げ…

「現場」をおろそかにしたところは滅ぶ

ともあれ、このエピソード(ベルリン天文台のJ・G・ガレが海王星を発見。しかし、ガレより、234年も前にガリレオが海王星を観測していた。その上、現代天文学よりも正確な位置を記録していた)が印象的に物語っていることは何か。それは、「現場」を第一に大…

「北斗七星」殿御返事

◆「この野郎!」。ドスの利いた声が区役所のロビーで響いた◆中年の男性職員が、へっびり腰で対応する。机に目を伏せる他の職員たち。暴漢が机をたたく。罵声を上げる。モノを投げる。扉を蹴る。「ぴょん」、応対の職員も後ずさり。「ピーポ、ピーポ」、隣接…

阪神大震災

阪神大震災で、真っ先に救援活動を行ったのは学会青年部だと思っている人が多いが、実は違う。一番最初に動いたのはキリスト教の団体と、山口組である。山口組については、暴力団という理由で殆どのメディアが報じなかった。

給食制度

「給食制度を始めたのは牧口初代会長」と信じている学会員も多いが、これも誤り。日本で最初の給食を行ったのは山形県鶴岡町私立忠愛小学校で、1889年(明治22年)のこと。牧口先生が給食制度を導入したのは1920年(大正9年)である。しかしながら、私費を投…

コワレンコ氏(ソ連)

コワレンコ副会長は、1974年に名誉会長が初めてソ連を訪問し、コスイギン首相と会見した折の模様を述懐。 「名誉会長との会見の後、首相は『これほど賢明で、優れた指導者には今まで会ったことがない』と賛嘆し、『創価学会との友好交流が更に深まるよう、あ…

「いじめ」の事実を隠す学校の官僚体質

神戸・高3自殺、学校が一転いじめを認める 神戸市須磨区の私立高校で、7月に自殺した同高3年の男子生徒(当時18歳)が同級生らから金を要求されていた事件で、同高は21日、記者会見を開き、恐喝未遂容疑で逮捕された少年(17)以外に、フットサル仲間の同級…

『ウエスト・ポイント流 最強の指導力』ラリー・R・ドニソーン

伝記作家サー・バシル・リデル・ハートが、「現代感覚を持った最初の将軍」と称したシャーマンは、間違いなく部下に対する思いやりを持った将軍だった。焼けつくような日ざしから部下を守るため、行進は夜間行なった。隊列をつくって行進している部隊の横を…

不条理と戦う人々

いつの時代も不条理と戦う人々がいる。正当な理由もなく、恐るべきマイナスを背負わされ、ひたすらゼロを目指す闘争が強いられる。 例えば、係争中である山口母子殺害事件の被害者・本村洋氏。幼子(生後11ヶ月)の目の前で母親が殺され、遺体と性行為に及び…

「円天」が配当停止

読売新聞:独自通貨「円天」の健康商品会社、会員5万人への配当停止 朝日新聞:会員5万人から1千億円超 L&G社、出資法違反の疑い 被害者が5万人ってことは、学会員が5000人ぐらいいてもおかしくない。上手い話には乗るな。 現在、米国債10年物の金利が4.5〜…

水谷修

またまた、プリン君からの情報。水谷修氏のことを何度か書いてきたが、私の見た番組がアップされていた。プラグインをダウンロードすれば視聴可能。 「いいもんだよ、生きるって 〜夜回り先生・水谷修のメッセージ〜」 【ETV特集 第66回 2004年9月4日(土)放…

幸福には「強さ」が必要

幸福には「強さ」が必要である。勝利には「強さ」が不可欠である。個人も家庭も、団体や国家も、強くまた強くあってこそ、堂々と胸を張って幸福と繁栄の道を進める。弱ければ惨めである。 強い人のみが、人々を守ることもできる。自分も楽しい。皆も安心であ…

さて、今日は満月でもあり、暑い日が続いているので、ここで涼しい「月」の話をさせていただきたい。 月といえば、よく戸田先生は“月光を浴びながら、人生や哲学、未来を、夜中まで語り合い、論じ合ってこそ青春である”と言われていた。 ともあれ、地球の衛…

最前線で懸命に戦う友を讃えよ

信心の立派な人とは、役職の高い人ではない。役職がなくても、どういう立場であっても、信心を深めてゆく人こそ尊いし、立派なのである。 地道に絶え間なく仏道修行に励み、広宣流布のために戦っている人が偉大な人である。 家庭訪問する、個人指導に歩く、…

「爆笑」の意味知らぬ聖教記者

「紙上座談会」を全く読んでないので気づかなかった(笑)。 「(爆笑)。」というのは誤り。句点の左側にあるのだから、発言者の感情を示すことになる。「爆笑」とは大勢の人が一気に笑うという意味である。「爆笑」と書いて笑われる羽目になるとは、まるで…

自己愛の強いワガママ上司

私はパーソナリティー理論を専門としているが、この理論は「職場にありがちなタイプ」にうまく対処するために、とても役立つと思う。 たとえば、やたらもったいぶる上司をごらんになったことはないだろうか。私は、ある。 とにかく物事をすんなりとはゆかせ…

人材を求む

Web上の人材が非常に少ない。その理由は三つほど考えられる。第一に、活動家は多忙を極めているため、ネットに接続する時間がない。次に、「用心すべきネット社会」にも書いた通り、学会員同士の衝突を避けて、既にクローズドされたスペースのみで発信してい…

明日以降、再び暑さ到来

高齢者、病気の方は、くれぐれも注意を。

氷川きよしニューアルバム『演歌名曲コレクション7 〜あばよ・きよしのソーラン節〜』

2枚組のベスト盤が今日から発売。 氷川きよし 2008年カレンダー

学会本部への手紙の出し方

事件・事故・トラブルなど、込み入った問題の場合は、宛名を「学会本部 指導監査委員会」と書くこと。これがないと放置される可能性が高い。感情を排して、時系列順に客観的な事実を記すのがコツ。

「はとバス 涙と笑いの新人ガイドデビューに密着」

先日、「当たり前の人間性」で紹介した番組の動画があった。プリン君からの情報。何度見ても、信じられないほどの涙が溢(あふ)れてくる。是非、ご覧あれ―― 「はとバス 涙と笑いの新人ガイドデビューに密着」 http://www.ntv.co.jp/news/asx_dai2/070914063…