2010-06-01から1ヶ月間の記事一覧

創造か表現か?

西欧には、数学的真理は数学者が創造したものなのか、それともすでに存在していたものが彼らによって暴かれただけなのか、という論争が昔からある。ラマヌジャンは紛れもなく後者の陣営に属していた。数字とその数学的な関係式は宇宙の成りたちを知るための…

もっと侍のように勇ましく戦うべきだった

「サッカーでは自分の命をピッチの上で失う危険はない。もっと侍のように勇ましく戦うべきだった」(イビチャ・オシム、W杯パラグアイ戦を終えて) オシム

ユーモアという武器

収容所生活を知らない外部の者にとっては、強制収容所の中に自然を愛する生活あるいは芸術を愛する生活があるというがごときことは、それだけですでに驚嘆すべきことのように思われるであろうが、しかしもし収容所にはユーモアもあったと言ったならばもっと…

読み始める

ビデオ判定

サッカー:ビデオ判定導入、選手協会がFIFAに要求 国際プロサッカー選手協会(本部オランダ)は28日、国際サッカー連盟(FIFA)に対し、ワールドカップ(W杯)などの重要な国際試合の判定で、審判だけに頼らず、ビデオなど現代テクノロジーを導入するよう求…

馬鹿な上官、敵より怖い

要するに、日本軍の上層部は軍部共同体のメンバーの地位と名誉を守ることに熱心で、共同体の外部にいる下級将校や兵士、ましてや国民のことはほとんど気にかけていなかった。軍隊では「馬鹿な上官、敵より怖い」とよく言われていたそうであるが、これは日本…

公明票には浮動層の部分がない

文中の「先」は先生役の高橋洋一。 竹●民主党の支持母体で一番大きなものって何なんですか? 先●会員数だけで見れば、【一番大きいのは自治労。ここは90万人】いる。 竹●あれ? そんなものなんですか? 先●そんなもん。でも、その先にある地方公務員という支…

反戦写真集

本書の写真を、いまだに戦争をしようと考えているすべての人間に見せよ。見せられてなお大量殺戮行為を良しと信ずる者がいるなら、彼を気狂い病院に繋いでしまおうではないか。私たちは、ペストを避けるように彼を避けようではないか。そうすれば戦争は、国…

人間の責任

人間は責任を「問われたり」、責任を「逃れたり」します。こうしたことばには、責任を負うまいとする抵抗力が人間にあるという教訓が示されています。そして実際、責任というものには測り知れないところがあります。責任というものを直視すればするほど、そ…

読み始める

一つの中に全体がある

岡●私がいま立ち上がりますね。そうすると全身四百幾らの筋肉がとっさに統一的に働くのです。そういうのが一というものです。一つのまとまった全体というような意味になりますね。だから一のなかでやっているのかと言われる意味はよくわかります。一つの中に…

デレク・シヴァーズ「社会運動はどうやって起こすか」

『完全教祖マニュアル』にも同じ話が出てくる。これを学術的なアプローチで読み解いているのがネットワーク科学だ。フォロワー=コネクター(ハブ)である。このネットワークが「弱いつながり」であるというのがミソ。

自分の人生における刷りこみやアンカーを検討する

ソクラテスは、吟味されない人生は生きる価値がないと言った。わたしたちもそろそろ、自分の人生における刷りこみやアンカーをよくよく検討していいころだ。その刷りこみやアンカーがかつてはまったく合理的だったとしても、いまも合理的とはかぎらない。ひ…

「腐ったリンゴ効果」の恐るべき伝染力!

社会心理学でわかる“タダ乗り”の意外なパターン

シンボルと言葉

クリシュナムルティ●カトリックや仏教徒は、聖母マリアや仏陀の像を建ててそれらを守りますが、そうするとヴィジョン(幻視)を呼び招いた無意識の、あの同じ未解明の層に、これらの構築物が激しい感動を生み出し、それらを実在物と思い込んでしまうのです。…

読む者と文章との関係

確かに、読む者と文章の関係は、文化によっても、歴史によっても異なる。聖書をはじめとする聖典を文字通り具体的に読むか、解釈を膨らませて生成的に読むかで、多くの人々の人生が変わり、多くの命が失われている。ラテン語の聖書をドイツ語にするというマ…

読み始める

師(ブッダ)は人々が目を瞑る漆黒の夜に目を開いた

人間の暗い夜の面に背を向けたり、目を瞑(つぶ)ったりしては、その暗黒から立ち上がる瞬間の人間の偉大さは分かりません。挫折の深さを知らない人は、勝利の歓びも分かりません。南京大虐殺やアウシュヴィッツのような、「人はここまで残酷なことが出来る…

空間世界の座標軸

しかし、人間の意識は、「私」に中心化された形でしか、空間を経験できないのである。 【『脳と仮想』茂木健一郎(新潮社、2004年/新潮文庫、2007年)】 茂木健一郎 (※左が単行本、右が文庫本)

宇宙と星の大きさ

境涯の高さは視点の高さである。

生命の意味についての問いの観点変更

反対に何の生活目標をも、もはや眼前に見ず、何の生活内容ももたず、その生活において何の目的も認めない人は哀れである。彼の存在の意味は彼から消えてしまうのである。そして同時に、頑張り通す何らの意義もなくなってしまうのである。このようにして、全…

プロセスと結果

「プロセスと結果はどちらが重要か?」という問い。一般的にはプロセス=努力、結果=成功と考えられている。で、他人には結果を求め、自分に対してはプロセスを重んじる傾向が強い。 この考え方でゆくとプロセスと結果は同じである。なぜならプロセスは結果…

読み始める

学びと英知の始まり 廃市・飛ぶ男

博士の自由な対談 苫米地英人×水道橋博士

IE以外のブラウザだと観れない場合もあるので要注意。苫米地英人(とまべち・ひでと)は1996年以降に仏教を学び始めた。元々キリスト教の造詣は深い。 http://www.forestpub.co.jp/ustream/hakase/ http://www.ustream.tv/recorded/7716988 苫米地英人

サッカーと戦争

イギリスとアルゼンチンが戦ったフォークランド紛争時の、有名な逸話がある。 オジーが〈トットナム〉でプレーしていた1982年の4月2日、アルゼンチン軍4000名が英国領フォークランド諸島に突如上陸。イギリス海兵隊60名を捕虜にする、通称「ロザリオ作戦」を…

勝者と敗者の違い

1.勝者は間違ったときには「私が間違っていた」と言う。 敗者は「私のせいではない」と言う。 2.勝者は勝因は「運が良かった」と言う。たとえ運ではなかったとしても。 敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。でも、運が原因ではない。 3.勝者は敗者よりも勤…

高次の情緒とは

高次の情緒とは何か。それは生得的にある情緒ではなく、教育により育まれ磨かれる情緒のこと言ってもよい。たとえば自らの悲しみを悲しむのは原初的であるが、他人の悲しみを悲しむ、というのは高次の情緒である。 他人の不幸に対する感受性も高次の情緒の一…

菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露

産経ニュース 2010-06-16

選挙なう

選挙なう

つぶやく力

ツイッターの使い方が少しわかってきた。ま、私としてはブログをメインにやっているわけだが、これはこれで面白い。もはやツイッター抜きで政治にまつわる情報収集はできない。プロやセミプロが多数参入してきているので、私はひたすらリツイートしまくって…