2011-01-13から1日間の記事一覧

「殺しても罪の意識はまったくありませんでした」

小島さんたち尉官以下の囚人は、5人から15人が一室に入れられていた。隣の部屋の声もよく聞こえる。廊下を行き来する看守に対し、共同で騒ぐことは容易だった。家を焼かれ、家族を殺されて革命軍に入った中国青年が、どれほどの怒りと侮蔑を抑えて勤務してい…

子ネコと子リスをわけへだてなく育てるネコのおかあさんと子どもたちのほのぼの写真

カラパイア

ロベルト・バッジオが嫌われた理由

風の旅

公明党の失敗

広布功労は折伏の実践者に これが全てである。「それ自体が今度は学会を危険に陥(おとしい)れ」てしまったのだ。

果報にしたがつて見るところ各別なり

今の法華経の文字は皆生身の仏なり。我等は肉眼なれば文字と見る也。たとえば餓鬼は恒河を火と見る、人は水と見、天人は甘露と見る。水は一なれども果報にしたがて見るところ各々別也。此の法華経の文字は盲目の者は之を見ず。肉眼は黒色と見る。二乗は虚空…

タイガーマスク運動

直人vs直人(笑)。ツイッターより転載── 子供達にランドセルを背負わせるのが伊達直人、子供達に借金を背負わせるのが菅直人 自分で技を決めるのが伊達直人、自分で何も決められないのが菅直人 虎のマスクをかぶってるのが伊達直人、虎の尾を踏みたがらない…