2011-03-01から1ヶ月間の記事一覧

写真は嘘をつかなくても、嘘つきが写真を撮ることは可能だ

「写真はとりわけ写実性が強く、ほかの表現形式にはない固有の魅力がある。そのため、一般の人たちはつい、写真が必ず事実を写しとっているものと信じ込んでしまう。もちろん、私たちは写真に対する信頼が、激しく揺らいでいることを承知している。というの…

東電、避難住民受け入れゼロ=保養所、社宅多数も 原発事故で対応遅れ

とれまがニュース 2011-03-29

反原発と推進派、二項対立が生んだ巨大リスク ジャーナリズム、調停役として機能せず

武田徹 ニクラス・ルーマン 囚人のジレンマ

原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送)

『知事抹殺 つくられた福島県汚職事件』佐藤栄佐久(平凡社、2009年)

東京一極集中に異議を唱え、原発問題、道州制などに関して政府の方針と真っ向から対立、「闘う知事」として名を馳せ、県内で圧倒的支持を得た。第5期18年目の2006年9月、県発注のダム工事をめぐる汚職事件で追及を受け、知事辞職、その後逮捕される。08年8月…

石原都知事がTwitterで工作活動をしていたことが発覚して拡散祭りに

アルファルファモザイク 本人がやっているわけではないだろうが工作活動は明らか。 「言葉はキツイけど、石原慎太郎の言ってることは常に正論だと思うよ」リアルタイム検索

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで旧ソ連のゴルバチョフ元大統領の80歳の誕生日を祝う慈善コンサートが開催

英ガーディアン紙 司会はケビン・スペイシーとシャロン・ストーン。何だかなあ……。

イブーカ(忘れてはならない)!

わたしは忘れない! イブーカ(忘れてはならない)! 彼らのどよめきがわたしを追いかける。わたしは目を閉じる。わたしも話さなくてはいけない。書かなくてはいけない。思い出さなくてはいけない。たとえこれが最後かもしれなくても……。またいつか、という…

都道府県民の信仰

社会実情データ図録 創価学会と立正佼成会のデータがある。

世界の宗教人口

世界の宗教人口 世界の宗教人口ランキング 十数年後にはキリスト教とイスラム教が共に20億人になると予測されている。

国際社会をも震撼させた政府と東電の稚拙さは「国有化」では解決しない 事故対応が終われば、抜本改革が必要だ

町田徹

買い占めするならカネ送れ

法はたんなる思想ではなくて、生きた力である

法の目標は平和であり、それに達する手段は闘争である。法が不法からの侵害にそなえなければならないかぎり――しかもこのことはこの世のあるかぎり続くであろう――、法は闘争なしではすまない。法の生命は闘争である。それは、国民の、国家権力の、階級の、個…

東電「決死隊」1日2食の劣悪環境 一時は水も1.5リットルのみ

産経ニュース 2011-03-28

放水焦る官邸 効果考えず場当たり的指示

産経ニュース 2011-03-28

福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」

asahi.com 2011-03-29

創造力を高めるための奇妙な5つのルール

ライフハッカー[日本版]

全国放射線量マップ

NAVER

「日当40万円出すから」 原発作業員 確保に躍起

TOKYO Web 2011-03-29

prayforjapan stream

prayforjapan stream

津波シミュレーション

Flood Maps

福島第1原発事故、昨年議員が同様な事故の可能性警告

日本共産党の吉井英勝衆院議員が2010年5月に開催された衆院経済産業委員会で、自然災害により原発のバックアップ・システムが崩壊し、炉心溶融につながる可能性を指摘したが、これに対し、経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、そのような事態は実…

候補者の原子力政策を知りたい有権者の会 - 知事選

候補者の原子力政策を知りたい有権者の会 - 知事選

被災地のため市民は何ができるか

枕をして寝るなどということは、ただの一度もしたことがない

およそこういう風で、外に出てもまた内にいても、乱暴もすれば議論もする。ソレゆえ一寸(ちょいと)と一目(いちもく)見たところでは──今までの話だけを聞いたところでは、如何にも学問どころのことではなく、ただワイワイしていたのかと人が思うでありま…

大学を卒業する皆さんへ「若者らしさを自粛するな」

試みの水平線

「不謹慎」自粛を要請

twitpic

写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿

産経ニュース 2011-03-27

ドイツ反原発党が躍進、与党大敗 州議選、福島事故受け

47NEWS 2011-03-28

諸々の経験を交換する能力

まっとうに何かを語ることのできる人に出会うことは、だんだん稀になってゆく。物語を求める声が高まるたびに、その周囲にはしきりに困惑の気配が広がってゆく。それはまるで、よもや手離すことなぞありえぬと思われていた財産、確実な中でも最も確実とされ…