2012-02-01から1ヶ月間の記事一覧

いずれもが人間だった

ピエートロ・ピネッティ(20歳、工場機械工) 1945.1.29 ジェーノヴァ お母さん あなたがこのぼくの最後の文章を読むころには、おそらくしばらく前にぼくの血は身体をめぐるのをやめているでしょう。最後に会ったとき、お母さんは勇気を持つようにおっしゃい…

和解条件

今回の和解条件として、矢野氏の既刊本を増刷しないことと、矢野氏が学会の名誉を毀損する新刊本を出さないことが盛り込まれたという。その結果、『乱脈経理』で予告された第2弾は“お蔵入り”となったようだ 【『週刊朝日』2012年3月9日号】

“官二代”の横暴ぶりが社会問題化(中国)

思想なき無神論者の傾向性

金銭に強い執着を示す。 周囲からのアドバイスに耳を傾けない。 根拠のない猜疑心が強い。 自分中心である。 矛盾の原因を外部環境に求める。 無神論者殿御返事

日蓮はユークリッド幾何学か?

以前、「日蓮はピタゴラスなのか?」と思索したことがある。 宮田論文に関する覚え書き 11 ピュタゴラスの定理 創造か表現か? 佐藤優の講演を聴いて「あ!」と気づいたのだが、日蓮がユークリッド幾何学でブッダが非ユークリッド幾何学と位置づければわかり…

ゲーデル『私の哲学的見解』

ゲーデル自身の哲学的見解については、「ドウソン目録6」の中から興味深い哲学メモが発見された。このメモは、ゲーデルが、自分の哲学的信念を14条に箇条書きにしたもので、『私の哲学的見解』という題が付けられている。ワンの調査によると、このメモは、19…

『仏教の思想 12 永遠のいのち〈日蓮〉』紀野一義、梅原猛(角川ソフィア文庫、1997年)

混迷する時代の中で、弾圧と迫害をくぐり抜け、新しい価値創造者となった日蓮。その強烈な個性と実践力で打ち立てられた「山川草木悉皆成仏」という思想は、また日蓮を信奉した宮沢賢治の思想でもある。この仏教的自然観は、21世紀における人類の世界観にな…

アクセスジャーナル

カテゴリ: 政治 : 学会(公明党)

『カトリックと創価学会 信仰・制度・社会的実践』南山宗教文化研究所編(第三文明社、1996年)

カトリックと創価学会 信仰・制度・社会的実践 1996年、名古屋の南山大学南山宗教文化研究所と東京の創価大学のキャンパスにある東洋哲学研究所の所員は、カトリックと創価学会の1年にわたる対話の帰結として、南山大学においてシンポジウムを開催した。本書…

治療による推論法

「治療による推論法」の他の例をあげると、不安症状をもつ患者が、抗不安薬より抗精神病薬のほうに反応すると、診断が統合失調症に変えられることも実際に起こりうる。また、無価値感、自殺念慮、食欲低下といった典型的なうつ病症状をもつうつ病患者が、抗…

死生観の空洞化

しかし、たとえば欧米諸国のように、(いくら世俗化が進んでいるとはいえ)なお確固たるキリスト教の死生観が人々の意識や日常生活の中に浸透しているといえる国々とは違って、現在の日本においては、後に改めて考えていくように、死生観そのものがほとんど…

宮田幸一氏のホームページに論文が追加される

What an endless road 変則的ではあるが、こちらのページで知った次第である。

マツコ・デラックス

東京都が出資しているTOKYO MXの番組内で石原都知事についてたびたび批判を行っている。2010年に表現を規制する『東京都青少年健全育成条例改正案』が可決した際に、石原が同性愛者を「遺伝子に異常がある」とする趣旨の発言を行ったため辛辣な批判を述べて…

行き過ぎたソーシャルゲーム GREEで不正行為の内幕

日本経済新聞 2012-02-25

電気値上げ 燃料高値買いは背信だ

東京新聞 社説 2012-02-25

90歳の老人が語る45の人生の教訓

2chコピペ保存道場

教祖の成立要件

では、最初にもっともシンプルな教祖の姿を提示します。教祖の成立要件は以下の二要素です。つまり、「なにか言う人」「それを信じる人」。そう、たったふたつだけなのです。この時、「なにか言う人」が教祖となり、「それを信じる人」が信者となるわけです…

「週刊文春」の池田病状記事を告訴しない創価学会のお家事情

中央ジャーナル 2012-02-06

治安当局も「創価学会の異変」に重大関心

中央ジャーナル 2012-02-16 しかも次期会長への昇格がほぼ既成路線となっている谷川新体制で重要な地位を占めるべく、弁護士の八尋頼雄副会長が「原田会長追い落としを画策」(学会幹部)、その実働部隊として暗躍しているのが重川利昭渉外部長と、マスコミ…

再起する日本・危機の中の世界

宮崎哲弥大論争5時間スペシャル 多分この番組に公明党の議員が出たことはない。

聖書の解釈権

かつてキリスト教における聖書の解釈権は、ローマ法王にしか存在しなかった。プロテスタンティズムは、この解釈権を個人が自由に持つための運動だった。アメリカでは、かつての聖書の解釈権を独占した法王のように、アメリカ民主主義の解釈権をアメリカ大統…

読み始める

石に話すことを教える 世界の[宗教と戦争]講座 (徳間文庫)" style="border: none;" />

三谷素啓は堅樹派=完器講出身か

その後、幕末の嘉永2年(1849)4月、堅樹派の在家組織「完器講」の講主・(後藤)増十郎が三宅島へ流されている。彼は明治3年に赦免されて東京へ戻って布教を再開するが、創価学会の前身の創価教育学会を創立した牧口常三郎を日蓮正宗へ導いた三谷素啓(みた…

田中角栄とキッシンジャーとの因縁 日中国交回復〜ロッキード事件

togetter

アメリカ人と幽霊、悪魔、宇宙人

理性的で科学的な考えのもとに築かれていると自負してはばからないアメリカ社会においても、じつに国民の17パーセントは幽霊を見たことがあると言い、10パーセントが悪魔と話したことがあると言い、そしてなんと400万人が宇宙人に誘拐されたことがあると告白…

マントラ

呪文と真言との距離を考える。そもそも距離はあるのかないのか。

神秘的体験とは脳の機能

脳がある体験をすることと、外界にその対応物が存在することは、別なことである。宗教では、ときどきこれを一緒にするから困る。科学と喧嘩になる。こう考えてみよう。数学で世界を解釈すれば、できないことはない。しかし、それでは世界の大部分はこぼれ落…

合目的性

#embedly_twitter_24062815{background:url(http://a0.twimg.com/images/themes/theme15/bg.png) #022330; padding:20px;} #embedly_twitter_24062815 p{background:#fff;padding:10px 12px 0px 12px;margin:0;min-height:48px;color:#000;font-size:18px;li…

柴田トヨ

神格化されたブッダ

釈迦仏教の根本思想について