世界広布

カルロス・シマ理事長(ペルー)

その我が門下の門出に、私はつたないが真心の一首を贈った。 「いつの日か 君を讃えん 時ありと 今日のペルーに 命をささげば」 ――“明日”ではない、“今日”である。今日という日に命をささげてペルーの友のために戦おうと。そうすれば、いつの日か君を讃える…

アフリカ:薬袋忠さん

ひとくちに11年というが、一般に商社などでも、アフリカの熱帯地域への赴任は、3年間が限度とされている。 それほど、気候を始めとする諸条件が日本と大きく異なっている。 高熱の出るマラリアとの戦い、「食べ物」や「水」の違い、干ばつ、物資の不足。文化…

世界を動かした偉大なる民間外交 4

「正義と勝利の座談会」第2部 81 江藤●池田先生は、モスクワ大学から名誉博士(75年5月)、名誉教授(12年6月)の称号を受けられています。この二つの名誉称号を受章した日本人は、池田先生一人だけです。 秋谷●大変な、歴史的な事実です。 杉山●先生は世界…

世界を動かした偉大なる民間外交 3

「正義と勝利の座談会」第2部 80 弓谷●池田先生の第1次訪ソ(1974年9月)の圧巻が、コスイギン首相との会見ですね。 鈴木●当初、首相との会見は、予定になかったのです。しかし、訪ソ中の先生の平和への行動、友好への信念を通して、ソ連側の認識が、みるみ…

世界を動かした偉大なる民間外交 2

「正義と勝利の座談会」第2部 79 杉山●先日、池田先生のソ連初訪問(昭和49年9月)について話が出ましたが、当時の模様を、もう少し詳しく教えてほしいという声が届いています。 秋谷●大切な歴史です。そこで今回は当時の経緯に詳しい鈴木副会長、江藤副会長…

世界を動かした偉大なる民間外交 1

「正義と勝利の座談会」第2部 77 弓谷●今月8日、池田先生がロシア、当時はソ連を初訪問されてから30周年を迎えました。 原田●あの池田先生の訪ソが、今になってみて、どれほど画期的、歴史的なものであったか。何しろ米ソ冷戦の一番厳しい時代だった。何より…

カナダ

【上野久仁子 カナダ・バンクーバー(60歳)】 カナダでの池田先生との出会い。生涯、あの光景は忘れないでしょう。それだけでも“宝のドラマ”です。それが……。驚きました。身体中が感動で震えました。 6月15日付の聖教新聞で、先生の地球紀行「我がふるさと…