会合

会合のあり方 7

これが最終回。林竹二が追及している世界は、「虚空会の儀式」を志向している。 授業は本来、「その場で(教室で)」子どもたちの学習を組織する仕事であるのに、子どもの発言を吟味にかけるという作業が欠けている結果、授業は多くは、子どもたちがもち合わ…

会合のあり方 6

こんな感想を書いた子どももいます。 私はこの「人間とは何か」を勉強して感じたことは、ふつうの算数や国語などとちがうし、算数のように答えで終ってしまうんではなく考えれば考えるほど問題が深くなっていく。私は勉強していて、どこで終わるのか心配にな…

会合のあり方 5

持っている力をひき出されないでいる、埋れたままになっているということは、ただそれだけではすまされない。やがて非常に大きな不幸、──脱線や狂気を生み出すわけです。埋れたままになっている力は、平穏無事に埋れているという保証はまったくないのです。…

会合のあり方 4

たとえば、ベートーヴェンの第9シンフォニーはすばらしい。だからだれが指揮棒をとってもそれはすばらしい音楽になるといったら大笑いでしょう。曲が素晴らしいものであればあるほど、その演奏の指揮をとるものがほんとうに曲をふかく捉える力をもち曲の内部…

会合のあり方 3

しかし、授業の中で子どもが集中するちからをもっているというのは、可能性としてもっているので、教師がきびしく授業を組織するのに成功するときだけ、それは引き出されて現前する。(中略)子どもが集中する力をもっているということは、集中すべき対象が…

会合のあり方 2

授業というものは、本来、子どもがもっているそれぞれの個性的な、固有のたから(可能性)を、引き出す作業である。そのための「道具」が教材である。その道具をつかうには方法があり、技術があるだろうが、何よりも大事な、教師の条件は子どもの心の見える…

会合のあり方 1

20代で読んだ本書は、私の深い部分に決定的な影響を及ぼした。なかんずく林竹二が説く「授業のあり方」は、そのまま「会合のあり方」を示唆するものだった。短期集中連載。カテゴリーの「会合」と「座談会」も併せて読んでもらいたい。人と人とが集い合う以…

会合の遅刻・欠席について

創価班と部長会で徹底して叩き込まれた。万が一という場合は、中心者に指導を受けた。それでも認められることは殆どなかった(笑)。「必ず馳せ参じよ」と。「どうにもならない状況」の中で「何とかすること」が訓練だった。本山担当・本部担当においては、…

九州広布の原点

牧口初代会長が出席して、初の九州総会が開催されたのは、昭和16年(1941年)の秋11月。ちょうど今頃の季節であった。場所は福岡県二日市の武蔵旅館。もちろん、学会の会館などなかった時代である。 その時の参加者は約40人。太平洋戦争勃発(昭和16年12月8…

新しい発想、新しい協議、勝つための会議

新しい発想、新しい協議が大事である。 戸田先生は「事態の推移とともに、新しい部門が生まれる。これは、きびきびして明朗闊達、学会が生きている証拠だ」と言われていた。 きびきびと手を打ち、悠然と戦い、勝つ。 それが学会の伝統である。 だらだらと手…

呼吸

本部幹部会の衛生中継が平日に行われているにも関わらず、日曜日に集まっている組織がある。師の呼吸を無視した愚かな組織と断じておこう。そんな会合は無視せよ。何も考えずに集う“羊千匹”になってはいけない。「戦いのホシ」を見失うな。

会合参加

会合参加が“戦い”になっている人々がいる。そのレベルの低さが羨ましい。かような面々を私は「ラジオ体操グループ」と命名している。健康になるという目的を見失って、カードに判子を押してもらうことが目的と化しているような姿だ。タイムカードをきちんと…

表彰の意義

晴れがましく、記念表彰の栄誉に浴された全国の功労者の皆さん方に、心から“おめでとう”と申し上げたい。表彰と名のつくものは、一般世間においても、一つの儀式として数多く行われてきている。しかし、これまでも大勢の識者から指摘されている通り、それら…

『会議革命』齋藤孝

「あなたの会社の会議は大丈夫か?」チェックリスト (思いきりチェックしてください) 1.別のこと(寝ている、絵を描いているなど)をしていても大丈夫 2.アイディアを出さないくせに、人の意見にネガティブなコメントばかりする人がいる 3.一人の話が長く…

地域拠点は“金の家”“銀の家”

今年もまた、新しき人間主義の波が、広く社会を潤した、大勝利の一年であった。 その運動の源泉となってきたのが、“生命のオアシス”ともいうべき座談会であった。 私は、この“金の家”“銀の家”の、会場提供者の皆様に、心より御礼申し上げたい。 わが家を、会…

御書講義は学会の重要行事

この一般講義は、創価学会にとっても非常に重要な行事でありますので、本部の教学部で、全部、状況報告を受けることにいたします。講師が惰性に流されているようなところは、どんどん交代するとか、本部としてもこの半年間は、教学の筋金を入れるよう、力を…

小さな行為に大いなる功徳が

一日の仕事を終え、遠路、駆けつけてくださった諸君である。中には、疲れている方もあろう。本来なら、もっとゆっくりと、食事をしたり、少々休憩をとってからとも思うが、会場や時間の都合でそうもいかず、気の毒な思いでもある。 しかし、そのような中、広…

戦い切って集え

こうして協議会を行うたびに、私は、不世出の人間教育者であった戸田先生を思い出す。 先生は厳しかった。 来た人をひと目見れば、頑張っているか、たるんでいるのか、たちどころに見抜いた。 堕落した人間やインチキな人間、うまく困難を避けて、自分だけい…

何のための会合革命か

総県長会議で秋谷会長から再度、会合革命の確認があった。これが地区に下りた時点で変質してしまっている。昨夜行われた地区活動者会では、「1時間という時間に束縛され、早口でまくし立てるようなことがないように。伝えるべきことは、きちんと伝えてほしい…

会合革命が形式に堕せば負け

会合革命が形式に堕せば負けである。1時間という形式を重んじ、実を失えば本末転倒だ。皆で自由に楽しく語り合えば、2時間だろうが3時間だろうが、アッという間に過ぎてしまう。 何はともあれ、会員のための会合革命であることを見失ってはなるまい。打ち出…

会合革命

会合革命が叫ばれている。関西では既に、昨年行われた関西総会にて徹底され、会合時間は1時間から1時間10分以内、座談会は年2回だけ地区単位で行い、それ以外はブロックでの開催になるそうだ。 まだ、徹底されてない地域も多いが、全体的な流れになると思わ…

新年勤行会

元朝勤行を廃止 青木●新年勤行会といえば、今年まで一部の会館では元日午前零時からの元朝勤行も行ってきた。だが明年からは、全国的に元朝勤行は取り止めることになった。 杉山●元日の主に午前10時を中心とする新年勤行会から出発していくということですね…

司会:会館の場合

中心者と事前の打ち合わせをしっかりと行う。開会直前に先生からの激励やメッセージが届く場合も多いので、常に不測の事態を想定しておく。 壇上役員や白蓮などと、しっかり打ち合わせをしておく。会合は呼吸が重要である故に、タイミングを死守することを打…

司会:座談会の場合

まず、当たり前のことだが、地区活動者会に参加してない男子部にやらせるべきではない。地区の牽引力として、責任に燃えている人が行うべきである。 担当幹部のために、式次第を13行罫紙(折ってはいけない)に清書して、会場へ持ってゆく。もちろん、ワープ…

参加が勝利

本日は、色々、都合のある人もおられたにちがいない。ある人は義理があるからといってきた人もいるだろうし、行っておかないと何と言われるかわからない(爆笑)。それも嫌だし、じゃあ行くか(大笑い)と。それはそれとして、どんな理由があっても「参加」…

時間厳守

決まった会合時間 担当は厳守せよ それを破って 民衆に迷惑をかけることは 師子身中の虫だ 敗北の因をつくるからだ 【『日々の指針』 1974-12-16発行】 これも徹底して実践し、徹底して教えてきた指導。中心者が、また幹部が、誰よりも先に駆けつけ、皆を受…

結集に左右されるな

今日は結成式であり、原島先生をはじめ、柏原先生、辻先生、森田さんと一緒に6時少し前にここに着いたのです。そうすると、田中さんをはじめ、大幹部の人々が、何となく生気がないのです。ははあ、これは結集が遅れているので、会長に申しわけないなと、おこ…

本部幹部会

何事も、同じことを繰り返していると飽きもくるし、よどみも生まれる。ゆえに大事な会合であればあるほど一回一回を新鮮に、有意義に行っていくべきであろう。(中略) 本部幹部会は、前回から学会本部で開催されている。これまでは全国各地で順次行われてき…

全員が満足する会合を

たとえ一人でも「今日の会合はつまらなかった」と言わせるようでは失敗です。その会合の舞台裏のすみずみまで気を配り、全員が心から満足して帰る。これが創価学会の会合である。 【『前進』1971-12月号】 こうした当たり前のことができなくなりつつある。人…

司会者の一念

司会者は、ひとたび会合に臨んだら、そこが戦場であると思え。本有常住の寂光土に変えていく決意に燃えてゆくべきだ。講演の途中で、たとえ失敗しようが、または会場がザワザワしようが、司会者は場内の空気をピシッとさせるだけの決心を持つべきだし、その…