会館

会館が“権威の城”と化せば売却せよ

御本尊の功徳により、私も働き、そして、皆さん方の力により、日本全国に百数十ヶ所の本部・会館を設置することができましたことをご報告申し上げます。これからも、それ以上につくる予定で働いてまいります。 ここで第四代、第五代会長の時代、すなわち学会…

研修道場

私の『随筆 人間革命』でも紹介しているが、戸田先生はある時、青年を次のように励まされた。「革命児は、ただ平穏なゆっくりした生活を夢見るようでは、成長はない。昼間は汗みどろになって働き、戦い、勉強し、ある時は岸辺に立って波と語らい、真夜中まで…

会館は信心の道場

我が創価学会の会館は、信心の道場です。この会館にくる人も、会館を守る人も、全部、信心の二字を根本とした活動でなければ学会員とはいえません。会場を使うその資格ある人とはいえません。 したがって、義務のために集まる、義務のために守るのであったな…

「学会が最初に動いた」迅速な救援活動に称賛の声/阪神・淡路大震災

創価学会 『大悪起これば大善きたる』 「すべてを変毒為薬して行こうよ」と 真心の奉仕活動 海外各紙も報道 死者・行方不明者が5000人を超える大災害となった兵庫県南部地震で、創価学会(秋谷栄之助会長)では17日の地震発生直後に、関西文化会館(大阪市天…

学会は「政府よりも見事な救援」/阪神・淡路大震災

1995年に起きた阪神・淡路大震災の折、学会の会館はいち早く市民に門戸を開いた。当時の模様は以下―― 兵庫県南部大地震で活躍の創価学会に感謝 長田文化会館地域の心の拠り所に 【神戸市長田区若松町1・2丁目自治会副会長 大本鶴男】 私の住む神戸市長田区若…