外交

電話は立派な外交戦

電話は 立派な外交戦だ。 広布のために 断じて勝つ! その明朗な一念で語れ! 【「わが友に贈る」 聖教新聞 2005-08-15】 9月11日は「公衆電話の日」。1900年(明治33)のこの日、新橋駅と上野駅の構内に公衆電話が設置された。戸田先生が生まれた年のこと。…

外交のできない人間は、深い信頼はできない

「外交のできない人間は、深い信頼はできない」――これが戸田先生の持論であった。 特に、青年に対しては、万般にわたって、外部とのしのぎを削る打ち合いの中でこそ、人間の地金(じがね)が磨かれることを繰り返し教えられた。 でき上がった組織の上に、呑…

人間王者の外交

戸田先生は「水滸会」など折々に、私たち青年部に対して、人間王者の外交のあり方を語ってくださった。 「どんな人とも、真っ向から、わたりあえる人間になれ!」 「どんな立場の人に会っても、学会の正義を堂々と語れ!」と。 戸田先生から仏法の真髄を学び…

電話は最高の外交

電話は最高の外交である。電話の声にしても、貫禄をもって、音声豊かに、また、革命の息吹きに満ちて、常に先駆をきっていくのだという意気込みが大切である。 【『前進』1966-04月号】 これは本部職員に対する指導である。だが、全学会員が心する指導である…