学生部

庶民と共に歩む指導者たれ

革命の法理について一言申し上げておきたい。それは、真実の革命とは全ての虚栄や肩書をかなぐり捨てて、大地、庶民に根差したものでなければならないということであります。一切の草木は、全て大地に根を生やして生育しています。大地とは庶民のことであり…

学生部結成16周年に寄せて

ともかく僕は、君達のために生きる。ただ、君達の道を開くために総力を込めて生きる。 僕の遠征の暦(こよみ)は、二十七星霜。激流のなかで戦う同志(とも)を見るとき、一日一刻たりとも逡巡は許されなかったのだ。 二十七年は、束の間のようにも思える。…