後継

牧口先生「現在が栄えていればこそ、先人が偉大になる」

牧口先生は、言われていた。 「現在が栄えていればこそ、先人が偉大になるのである。 今が栄えていなければ、先人の偉大さも光彩がなくなるのである」 すべてが弟子で決まる。 弟子の勝利が、師匠の勝利である。 【盂蘭盆の意義を語る 2006-08-06 長野研修道…

第二章の学会のすべてを諸君に託す

最後に、今日の恩師の誕生日の佳(よ)き日に、戸田先生の歌を二首紹介し、諸君の1990年への凛々しい旅立ちを祝福いたします。 三類の 強敵あれど 師子の子は 広布の旅に 雄々しくぞ起て 師子王の 雄叫び聞いて 奮い立つ 広布の旅の 子等ぞ勇まし 第二章の学…

「弟子としての道」

私どもは戸田会長先生の弟子でございます。弟子なれば、弟子としての道がございます。弟子なれば、弟子としてお仕えする道がございます。弟子なれば、弟子として大法戦に向う大闘争を展開する決意に燃えていく自覚がなくてはなりません。 今や、戒壇建立の道…

絢爛たる歴史を綴れ

秋谷会長を中心に、このように若き青年が集い、諸君と共に「青年世紀の年」第2年を生き生きと迎えることができ、私は本当に嬉しい。 私はすでに、諸君を信じ、諸君に頼み、諸君に広宣流布と学会の未来を託す以外にない年齢である。ゆえに私は、本年も全力を…

生命の力用は時空を超える

「生命」の力用(りきゆう)とは、まことに不思議である。強靭な「精神」は、時を超え、空間を超えて、響き、伝わっていく。目に見えるような心の“流れ”があるわけではない。だが、「心」から「心」へ、透徹した一念は確かに流れ、継承されていく。 【11.18…

創立100周年を黄金の歴史で飾れ

戸田先生はご逝去の前、しみじみと語っておられてことがある。 「大作、お前が、今の私の年齢になった時は、どのようになっているかな」と。 簡単ではあるが、心にしみいる言葉であった。 今日、私の元に集い来った後継の若き門下は、現在、11〜12歳から18歳…

世代から世代へと受け継がれる不屈の実践が令法久住

彼らは、自分達が生きて目的地に到達できるとは期待していなかった。おそらく途中で力尽き、死んでしまうかもしれない。しかし、“中国の民を救おう”“平和な祖国を築こう”。もし自分達が倒れても、命を賭けて悔いないこの革命の理想は、必ず未来の青年が受け…

次の学会を頼む

次の学会を頼む 次の広布を頼む 次の時代の一切を頼みつつ 君の一日も早く 大人材に育つことを祈る 【『わが友へ』 1973-04発行】 私が19歳の頃から数年にわたって部屋の壁に貼っておいた指導である。先生の余りの期待の大きさに、打ち震えるほどの感動を覚…

偉人の後に後継者なし

共産党員で、本当にレーニンの志を継いで、今日まで変わらず世界革命に戦っている弟子は何人いるか。吉田松陰、また福沢諭吉も、確かに先駆者として偉人であったけれども、今日まで同じ志を受け継いで、何人の人が世界のすみずみまで、その弟子として戦い切…

後継と後続は異なる

“後継”と“後続”とは異なる。後方の安全地帯に身を置き、開拓の苦労も知らず、ただ後に続く“後続の人”に、“後継”の責任を果たすことなどできようはずがない。“後継の人”とは、勝利の旗を打ち立てる“先駆の人”でなければならない。 【『新・人間革命 第2巻』 …

青年部に全てを託す時代が到来

若き諸君と語り合うことは、私の無上の喜びである。そして、私の最高の幸福でもある。いよいよ、諸君との対話が重要であり、青年達に、ありのままの一切を語り、託してゆく時代が到来したと私は思っている。 広宣流布の未来も、全て諸君にお願いする以外にな…