歓喜

少女パレアナは何にでも喜びを見出した 

パレアナは、どんな人に会っても、何かしら「嬉しいこと」「喜べること」を見つけた。誰だって、自分に会って心から喜んでいる相手に対し、悪い気持ちを持ち続けることは難しい。だから皆、いつしかパレアナの味方になった。 心は不思議である。心は微妙であ…

歓喜こそまことの信心

まことの信心は、他人から押しつけられたり、形式や体制でするものではない。おのおのの自覚から湧き出た生命の歓喜によるものなのだ。それは、いかなる弾圧や迫害を加えられようと、決して破られるものではない。人間として、最も尊く、美しい生き方が、そ…