本部幹部会


 再々放映に参加。師の指導を拝する度に力が満ち、闘志が沸き、生命が蘇生するいがする。魂が充電されたことで、今抱えている問題の数々が、かなり小さくじられるから不議だ(笑)。


 昭和54年(1979年)の会長勇退の際、全国の同志から怒りのが学会本部に寄せられた。一番多かったのが関西からの抗議だったそうだ。歴史の真実を示す重要な事実。東京は、「上の言いなり」になる傾向が強い。そのクセ、幹部が偉そうな顔をしているよ(笑)。

鉄腕・稲尾氏が急死

 元西鉄ライオンズの投手、稲尾和久氏が13日午前1時すぎ、悪腫瘍(しゅよう)ため、福岡市内の病院で死去した。享年70。1030日、福岡市内の病院に入院し検査を続けてきたが、この日、容態が悪化して帰らぬ人となった。
 現役時代は、まさに伝説の連続だった。西鉄に入団した56年ルーキーイヤーから3年連続日本一に貢献。58年の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら、稲尾の4連投で4連勝。奇跡の逆転日本一の主役を演じ「神様、様、稲尾様」と呼ばれた。61年にはシーズン最多タイの42勝を挙げるなど、日本プロ野球界の歴史に大きくそのを残し、プロ野球ファンのに大きな印象を残した。西鉄の監督などを務めた後、ユニホームを脱いでからは、評論家として野球界の発展に寄与していた。
 日本が生んだ鉄腕。「神様、様、稲尾様」と呼ばれる伝説の投球を生んだ九州福岡の地を愛した右腕が伝説の人となった。
【日刊スポーツ 2007-11-13】


 謹んでご冥福を祈る。1028日付の聖教新聞に、元気な姿で登場されていたので驚いた。