ヤングミセス&ヤングでないミセス殿御返事


 数ヶ前から、衛星放映は大広間で見るのをやめた。狭い部屋の方が画面に近く、よく見えることに気づいたからだ。ただ、点が一つある。子供が騒がしいことだ。


 はっきり言っておくが、私は殺を抱いている。最初は舌打ちをして睨(にら)みつける程度だが、直接注することもある。


 私は全神経を傾けて先生の指導を拝している。ちょっとした物音で妨げられても、修羅界が200%を超える。学会の会合は全て法座である。ならば、その場を乱す行為は一切がこれ謗法となる。


 戸田先生は、質問会で赤ん坊が泣くと、「子供を泣かせるな!」といつも怒鳴っていた。


 これは、私が地区リーダーの時の話である。地区担もB担も幼い子供を抱えていた。しかし圧倒的な違いがあった。B担の子供は、幹部指導になると必ず騒いだ。しかも、よりによって二人一緒にだ。一方、地区担の子供は、いつも会合が始まった途端、スヤスヤ眠り出すのだ。そして、会合が終わると同時にすっきり目を覚ましていた。


 ま、B担の子がまともに育つはずがなかろう。愚かな母親は、子供が手のつけられない状況になるまで、自分の誤りに気づかない。「幼いから仕方がない」と決め込んでいる馬鹿親は、「周囲に迷惑をかける子供」を育てているようなもんだ。


 会合前にしっかりと祈しておけば、子供は絶対に騒がない。その程度のことは、婦人部でしっかり教えてくれ。