「解散見送り」の真相は

 与野党の論戦が続く国会ですが、3日は当初、衆議院の「解散」があるのではないかと言われていました。3日の「解散」がなくなった背景には何があったのでしょうか。ニュース23・後藤キャスターの取材を元に検証しました。


Q.解散総選挙の日程について、新しい情報が?
「取材してみたところ、このままの状態で解散総選挙に突っ込んで勝てるのかと。少し様子を見たらどうかと」(ニュース23後藤謙次キャスター 929日の番組より)


 解散権は総理の“専権事項”です。しかし、その総理が決まる前から、新聞各紙には「1026日選挙」、「103日解散」の見出しが躍っていました。
 麻生総理は総裁選に圧勝した翌日、国対委員長の大島氏と会談しました。そこで一定の合を見たのが、「112日に選挙」でした。103日の解散は変わらないものの、投票日が1026日から1週間延びたことになります。
 では、なぜ延びたのでしょうか。公明党幹部は内実を明かしました。
「我々に風は関係ない。あの小泉郵政解散の時でさえ、議席を減らしたんだ。時間をかけて、お願いして回るしかない」(公明党幹部)
 つまり、1026日では、「お願いして回る」には期間が短すぎたのです。
 925日、後に「103日解散」、「112日選挙」が消える要因となる事態が、3つ起こります。国交大臣・中山氏の問題発言、票が取れる政治家の1人小泉氏の政界引退、そしてもう1つは麻生総理の訪米です。
「我が国は日米同盟を不変の基軸としながら、近隣アジア諸国との関係強化に努めて今日に至りました」(麻生首相 925日・ニューヨーク)
 国連総会で日米同盟を強調してみせた麻生総理は、実はアメリカ政府関係者から、こんな要請を受けました。
「あなたの祖父は、今日の日米関係を築いた人だ。是非インド洋での自衛隊の給油活動を続けてほしい」(米政府関係者)
 サンフランシスコ平和条約を締結した祖父・吉田茂。吉田を政治家の原点と言ってはばからない麻生総理は、この要請に大きく影響されたといいます。
 さらにアメリカで直にじた金融不安が解散の延期、つまり選挙の先送りに傾かせているのです。
 929日、麻生総理に近いある人物は首相の気持ちを代弁しました。
「112日は消えた。9日もない」(総理周辺)
「101日から代表質問がありますが、この中で与党側の質問に対して、麻生さんがかなり明確なメッセージを送るのではないか。つまり中長期で取り組まなければならない課題について答えるということになりますと、解散はさらに112日じゃなくて、先に行く可能が浮上してきた」(後藤キャスター 929日放送より)
 そして101日の代表質問。麻生首相は明確なメッセージを送りました。
補正予算の賛否、消費者庁法案への賛否、インド洋での補給支援活動継続への賛否であります。民主党の基本政策については日を改めて、私どもの主張と競り合いたいといます」(麻生首相 1日)
「いずれも時間がかかる問題を解決すると。その賛否を小沢さんに問いてましたから、解散はさらに先へ行ってということが麻生さんの考えだといますね」(後藤キャスター 101日放送より)
「112日ではなく、9日もない」とした麻生総理。解散総選挙を急ぐ公明党幹部は3日、後藤キャスターの取材に、その事実を認めました。
公明党がどうだこうだという話ではない。日程的には112日はもう無理ということだ」(公明党幹部)


TBS News i 2008-10-03

官僚と議員に6割が不信感=「年金記録問題の影響」−中央調査社

 官僚と国会議員を「信頼できない」と考える人が約6割に上ることが、世論調査機関の中央調査社(東京都中央区)の全国調査で3日、分かった。年金記録漏れ問題などで根強い不信をうかがわせる結果になった。
 8に全国の成人男女を無作為で選んで戸別訪問し、1306人から回答を得た。
 国会議員、官僚、裁判官、マスコミ、銀行、大企医療機関、警察、自衛隊について「ほとんど信頼できない」から「大変信頼できる」の5段階で評価を聞き、それぞれ平均値を出した。
 平均評点は国会議員2.1、官僚2.2の順で低く、信頼できないとして「1」と「2」の評価を選んだ人は官僚63.4%(昨年68.0%)、国会議員56.3%(同61.9%)だった。


時事通信 2008-10-03】