「顕正会」の会員2人逮捕、事務所捜索

 宗教法人「顕正会」の会員の女2人が、埼玉県に住む48歳の女を勧誘中に女の持っていたお守りをはさみで切ったとして、埼玉県警に逮捕されました。県警は、茨県にある「顕正会」の事務所も捜索しました。
 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、東京都江戸川区に住む「顕正会」会員、溝口順子容疑者(47)ら2人です。
 溝口容疑者らは今年4埼玉行田市内のレストランで、48歳の主婦に「お金が入って来なくなる」などと言い、主婦の持っていたお守り2個をはさみで切った疑いが持たれています。
 調べによりますと、溝口容疑者らは「を治すにはいい方法がある」などと言って、およそ5時間に渡り、「顕正会」に入信するよう、この主婦を勧誘したということです。
 さらに、勧誘を受けた主婦は「茨県にある事務所に連れて行かれた」と話しているということです。調べに対し溝口容疑者は「知らない」「関係ない」と話しているということです。警察は、詳しいいきさつを調べています。


【TBS 30日13:40】