強引勧誘で3人逮捕、「顕正会」本部捜索

 宗教法人「顕正会」の会員の男ら3人が、男子大学生に入会するよう強引に勧誘した疑いが強まり、神奈川県警は男らを逮捕するとともに、さいたま市にある「顕正会」本部を初めて捜索しました。
 強要の疑いで家宅捜索を受けているのは、さいたま市大宮区にある「顕正会」本部と、神奈川県小田原市にある「顕正会」小田原会館など6ヶ所です。
 県警は南足柄市に住む会社員、大川正規容疑者(28)と、小田原市に住む会社員、寒河江真容疑者(30)、それに神奈川県内に住む19歳の少年の、「顕正会」の会員合わせて3人を逮捕しました。
 調べによりますと3人は去年9厚木市の男子大学生(20)を「顕正会」小田原会館に連れ込み、前や住所を無理やり聞き出し入会手続きをさせた疑いが持たれています。
顕正会」は教系の宗教法人で、インターネットのホームページには、「日蓮大聖人に背く日本は必ず滅びる」などど終末を唱えています。
顕正会」をめぐっては、強引な勧誘活動を行ったとして会員が逮捕されるなど、各地でトラブルが相次いでいますが、「顕正会」本部に警察の捜索が入ったのは初めてのことです。
 今回の捜索について、「顕正会」は「完全なる不当な捜索で不当な逮捕だ」とコメントしています。


【TBS】