24時間テレビ


 来る818〜19日に日本テレビ系列の24時間テレビで、ドラマ『君がくれた夏 ガンと闘った息子の730日』が放映される。原作を書いた山崎敏子さんは、神奈川県のヤングミセスの方である。ドラマの殆どが事実に基づいているとのこと。必見。


がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉 がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉 (小学館文庫 や 6-1)
単行本
文庫本

タッキー&深キョンで夫婦ドラマ…日テレ24時間テレビ 司会に続き主演

 日テレ系「24時間テレビ30 愛は地球を救う」(818〜19日)でメーンパーソナリティーを務める人気ユニット「タッキー&翼」の滝沢秀明(25)が、番組内のスペシャルドラマ「君がくれた夏〜がんばれば、幸せになれるよ〜」(同18日夜)に主演することが19日、分かった。小児がんを患った男児と家族の闘病記を基にした物語で、初の父親役を演じる。妻役には深田恭子24)を迎え、家族愛の尊さを描く。


 タッキーがパーソナリティーに続き、24時間テレビの看板を担うことになった。同番組でのドラマ主演は98年「の扉」、04年「父の海、僕の空」以来、最多の3回目となる。


 今回は小児がんの一種で、10万人に1人といわれるユーイング肉腫(しゅ)と闘い、逝った男児の母親の手記「がんばれば、幸せになれるよ」(山崎敏子著、小学館刊)が原作。タッキー演じる木崎真人は、ともに高校を中退したトキコ(深田)と、できちゃった婚。とび職に就き、2人の子供にも恵まれるが、5歳になった長男・直也が病だと分かる。


 このほど、神奈川・平塚市内でクランクイン。治療費を工面するため、乗っていたバイクを売却する場面の撮影に臨んだ。原作を読んだタッキーは「(文章の)温度がすごく、お母さんの叫びが聞こえて情が震えた」と、いつにも増して硬い表情でカメラの前に立った。


 初めての父親役には「自分も実際に子供がいておかしくない年。役づくりは特に考えず、素直にじたままに演じたい」とタッキー。深田もこれまで出産する役はあったが、子育てするママ役は初めてで「家族のきずなを勉強させてもらい、すてきなお母さんを演じたい」と気込んだ。


 発病から抗がん剤治療、手術、再発…。長く厳しい試練にも負けない直也のに、タッキー&深キョンの若年夫婦が必死で応えようとする。「一言で言えば、家族愛。子供がいるから、親の生きる道が広がったともじた」。自身もぬくもりのある家族にあこがれるというタッキーは「病気のことや家族の大切さなど、温かいメッセージを伝えたい」と誓った。


【スポーツ報知 2007-05-20】