検証――自・民『大連立構想』/お膳立て読売・渡辺氏か

 発端は、先25日夜に都内の料亭で開かれた会合だった。


 会合の出席者は、元首相・中曽根康弘読売新聞グループ本社代表取締役会長の渡辺恒雄日本テレビ取締役会議長・氏家斉一郎ら。渡辺、氏家は福田政権の誕生にも大きな役割を果たし、首相・福田康夫に、大きな発言力を持つ。民主党代表の小沢一郎とも「しょっちゅう会っている」(閣僚経験者)関係とされる。この席で、自民党民主党の「大連立」が話題に上った。


 中曽根や渡辺は、宿願である憲法改正を実現するためにも、「大連立」を熱望している。ただ、大連立が実現するとしても、次期衆院選後だと考えていた中曽根は、「衆院解散前に大連立ができるんですか」と質問。渡辺は「できます」と応じた。


 28日には若いころ中曽根の秘書を務め、今も中曽根側近の前官房長官与謝野馨が小沢と都内のホテルで共通の趣味である囲碁の公開対局を行っている。


 福田は翌29日自民党幹事長・伊吹文明に党首会談の調整を指示した。「小沢氏は応じないのでは」と懸する自民党幹部もいたが、福田は「受けるでしょ」と軽くいなした。その言葉通り、小沢は同日夕、あっさり会談を承諾した。


「党首会談をお膳(ぜん)立てしたのは渡辺氏」。複数の与野党幹部は、こう口をそろえる。


 福田の「大連立」打診にはどんな背景があり、小沢はなぜ申し入れを拒むことになったのか。そして、傷ついたのはどちらだったのか。舞台裏を検証した。  (政治部与野党取材班、敬称略)

検証『大連立』頓挫


 福田、小沢の一回目の会談がセットされたのは1030日。福田は新テロ対策特別措置法案の成立に協力を求めたが、小沢は「自衛隊の海外活動は国連決議に基づくものに限るべきだ」との持論を展開。平行線が続き、再び会談することになった。二人とも連立は話題にしなかったと説明しているが、自他共に認める大連立論者の渡辺が仲立ちをして会談が実現することが広がると、与野党幹部の間では「当然、大連立の話もしているはずだ」との憶測が渦巻いた。


 2日午後3時から始まった再会談。福田自衛隊海外派遣の恒久法を検討する代わりに、新法案への協力を求めた。


 しかし小沢は、ここでも原則を譲らなかった。平行線のまま一時間経過すると、福田は「あなたの原則と新法案が法的に合うか検討してみる」と中断を提案。会談をしていた国会から首相官邸に戻って、官房長官町村信孝らと対応を協議した。


 小沢も、党本部に戻り民主党代表代行・菅直人や幹事長・鳩山由紀夫と対応を検討。鳩山らは「もし大連立を提案されたら、『小沢首相』の実現が条件だ。就任したら、すぐに解散すればよい」と小沢が安易な妥協をしないようくぎを刺した。


 午後6時半の再開後、福田は「国連決議で認められた活動に限るという前提で、恒久法がつくれるかどうかを検討する」と小沢の主張を丸のみする考えを示した。さらに、「今日の状況の中で力を合わせないと政策実現できない。連立を組んでいただけないだろうか」と、ついに本題を持ち出した。


 小沢は「そんな大きな話はここでは決められない」と回答を留保。約一時間で会談を打ち切り、党幹部と協議するため党本部に戻った。


 福田は、成算があったのだろう。会談後、伊吹に「もし、民主党がオーケーの返事を出したら、政策協議機関を設置して滞っている政策を中に実行する」と指示。直後に記者会見した伊吹は「ボールは民主党にある」と、民主党に決断を促した。




 だが、ほどなくして福田のもとには、期待に反する知らせが届く。


「誠ある対応をしていただきましたが、結果として、のめません」


 小沢は2日午後9時半すぎ、民主党本部8階の代表室で、福田電話で大連立拒否を伝えた。


 小沢は党首会談終了後、民主党の役員会に出席。「政策協議が(大連立の)入り口だが、どうだろう」と切り出した。


 小沢は「政策協議をしていけば、参院選で掲げた公約を実現できる。ただし、本当の味での政権交代ではない。国民がどう見るかも分からない」と、大連立参加のプラスとマイナスを説明した後、「両院議員総会を開こう」と提案した。小沢は最後まで連立への賛否は口にしなかったが、党の正式な議決機関である両院議員総会の開催を提案したことからも、小沢が連立に傾いているのは明らかだった。


 しかし、これに対し「政権に入ることが目的なのではない。政権交代目標だ」「大政翼賛会的で国民の反発を招く」と反論が続いた。発言者は六人。全員反対だった。


 小沢は「みんながそう言うのなら、分かった」と決断。大連立構は表に出てから、わずか数時間で頓挫した。


 町村は記者団に「答えがこんなに早く出るとはわなかった。しかも、ノーという答えが。外であり、かつ残だ」と福田いを代弁した。




 自民党の連立パートナー、公明党代表・太田昭宏に大連立打診の可能福田から知らされたのは、2日午後2時半の与党党首会談の席だった。大連立が実現すれば、公明党自民党から使い捨てにされかねず、党内は動揺した。


 小沢が連立の打診を持ち帰った後、公明党は、常任役員会を開いて対応を協議。その最中に、民主党が申し出を拒否したとの一報が入ってきた。


 ある幹部は「ボールを投げたとったら、あっという間に返ってきた。そして、ボールはなくなってしまった」と皮肉な笑いを浮かべた。


 小沢は、提案を持ち帰ったことで党内の疑暗鬼を招いた。


 福田はいきなり切り札を切ったのに成果は得られず、公明党の不信も買った。


福田も小沢も両方傷ついた」


 自民党の閣僚経験者はこうつぶやいた。


東京新聞 2007-11-04】