「大連立」が問いかけるもの


 小沢一郎党首に振り回されているがあるが、大連立が問いかける問題は深刻だ。衆参の「ねじれ国会」自体は、国民が選択したものである。つまり、民自民党に「待った」をかけたわけだ。


 小選挙区制は二大政党制を目指して導入された。で、日本の政治の実態は、自民党の「一党支配」が表立っているが、本質は「官僚主導」にある。


 国民が大連立を選択することがあれば、それは「官僚主導政治」を認めたことになる。それ故、「大連立を前提とした中選挙区制の復活」に私は異義を唱えたい。


 一番理的なのは、「政権交代可能な中選挙区制」を考えることだとう。