一念を定めた祈りが宇宙を回転させる

 本日、まず私が申し上げたいことは、「祈りは具体的でなければならない」ということである。
 例えば、今日一日、無事故で自己の使命を果たせるように。また、出張や旅行等の出発の折も、無事に目的を達するように。
 その他、きちっと一を定めて具体的に祈してゆく。それでこそ祈りは御本尊感応し、「事の一三千」の法理に則って、宇宙のあらゆる次元の働きが、祈りの実現へと回転を始める。
 妙法を信じ、行ずる者の祈りは絶対にかなう。それも祈る側の「強き一」があってのことである。強き一は、目指す的が明確であり、具体的であってこそ生まれる。
 漠然とした定まらない祈り。義務的、形式的な勤行・唱題。それらは信の「惰」の表れである。惰の信は、惰と空虚の回転を生む。
 勤行しないと何となく叱られているみたいだから(笑い)とか、お父さんやお母さんがうるさいし、奥さんの急(せ)き立てるから逃れんがため(大笑い)、しぶしぶ壇に向かう(爆笑)。
 はじめは嫌々(笑い)、途中は“早く終わらないか”(大笑い)。予定通り早く終えて(爆笑)、“ああ、終わってよかった”(爆笑)。
 京都にはこんな人はいないとうが(笑い)、これでは諸天善神も活躍しようがない(爆笑)。


 はっきりしない一では相手に通じない。これは人間同士でも同じ道理である。
 例えば恋人同士でも、男が結婚したいのか、したくないのか、はっきりしない。何となく、そこにいるだけ(笑い)。指輪もくれなければ、プロポーズもない。具体的なものは何もない(笑い)。これでは女の方だって、イライラするのも無理はない(爆笑)。返事のしようもない。


 ともあれ、“法は道理”である。観的な、また真剣さのない祈では、明確な結果は出ない。
 広布のこと、一家と自身のことに関して、絶えず明確で具体のある祈りを重ねてゆく。そこに妙法流布の進展もあるし、宿命の打開もなされてゆくと私は考える。
 例えば「交通事故」にも、事故を起こしやすい傾向を持つ人がいる。無事故を日々真剣に祈っていくことによって、そうした悪い傾向をも修正してゆくことができる。また、諸天に守られてゆく。その他の宿命の転換の方程式も同様である。


【京都平和講堂落成祝賀 京都記幹部会 1989-10-18 京都平和講堂】


 当時、男子部地区リーダーとしてブロック座談会で叫んだ指導。


 祈る内容は何でもいい。自由である。ただ、10年以上も信していながら、自分にとって都合のいい幸福像を描いている人を見ると、吐き気を覚える。「あれが、こうなりますように。これが、ああなりますように」「これだけ祈ったら、このぐらいの功徳があるかな」――こんなものはエゴ以外の何ものでもない。


 そう考えると、信仰とは確かにエゴを肥大させる側面がある。「財務は倍返し」とかね(笑)。「そんな下らない信はやめろ」と言っておきたい。


「祈り」は「おねだり」ではない。「2時間、唱題したんだから、その分は功徳があるはずだ」――かような人を「信のパートタイマー」という。お前の功徳は時給か!


 境涯は祈りとなって表れる。祈っている時の自分が本当の自分だ。だから信は、自分と御本尊にしかわからない世界なのだ。


「貪るは餓鬼」である。どれほど真剣に祈ろうとも、餓鬼界という境涯を脱することはできない。むしろ、強化される結果となるだろう。


 差し迫った生活の課題があるなら、それでも致し方ない。だが、いつまで経っても同じ境涯であれば、「人間革命できない自分自身」をしっかり見つめるのが先だ。

 御いのりの叶い候はざらんは弓のつよくしてつるよはく太刀つるぎにてつかう人の臆病なるやうにて候べし、あへて法華経の御とがにては候べからず(1138頁)


 弱い祈りに御本尊感応しない。御本尊を揺り動かすほどの強靭な祈りが、三千羅列の法界を回転させる。

 譬えば頭をふればかみゆるぐはたらけば身うごく、大風吹けば草木しづかならず大地うごけば大海さはがし、教主釈尊をうごかし奉ればゆるがぬ草木やあるべきさわがぬ水やあるべき(1187頁)