顕正会員を逮捕、本部など家宅捜索


【『フェイク』第893号(2008-01-18発行)】

暴力勧誘の浅井昭衛一派が警察を逆恨み

週刊新潮」の記事は大ウソと間違い


 邪教顕正会」(会長・浅井昭衛)は暴力や傷害を伴う勧誘を続けているが、新潟県警警備部は17日、新潟市中央区に住む顕正会員の牛腸明(31歳)と20代の男会員を監禁と傷害の容疑で逮捕した。


 調べによると、この顕正会の男二人は一昨年11新潟市の当時10代だった男を無理に車に乗せて監禁、その後、同市内にある同会の関連施設に連れて行った。その際、投げ飛ばしてケガを負わせるなど悪辣な手口で入会を強要した疑い。


 この日、同県警は新潟市内の顕正会関連施設を家宅捜索すると共に、さいたま市顕正会本部を家宅捜索した。


 顕正会の勧誘に関し、毎年100件を超える相談が警察に寄せられ、昨年1は神奈川県警が大学生を無理やり入会させた会員の男3人を逮捕、同会本部などを家宅捜索した。顕正会は昨年に引き続き、今年も頭から逮捕者二人を出し、家宅捜索を受けたわけである。


 顕正会の会員は公称124万人。新潟県内は顕正会が増殖している地域で、約10万4000人の会員がいるという。だが、その約9割は騙されて入会させられた被害者と言ってよい。入会させられたことを自覚していない人も多いのだ。


 非常識な暴力勧誘を繰り返す会員の逮捕について、浅井昭衛一派は「顕正会弾圧の警察に大下る」(顕正新聞 平成11年105日付)と逆恨みしている。


週刊新潮』(124日号)にも「顕正会vs創価学会」という特集記事を載せ、理事の小峰勝彦に「会員の逮捕などは創価学会の謀略です」と言わせている。まったくデタラメな記事だ。週刊新潮顕正会について「正式な称は冨士大石寺顕正会」と書いているが、これも間違い。浅井が勝手に詐称しているだけで登録は「顕正会」だ。『週刊新潮』はウソばかり書く。顕正会員の逮捕は自自得なのだ。