すぐろく、すごろく、双六、雙六

大勝利

 すぐろくの石は二つ並びぬればかけられず。車の輪は二あれば道にかたぶかず(1171頁)


 車の輪の譬はなんとなく味は解るような気がするのですが……。すごろくの「かけられず」とはどういう味でしょう?


「賭けられず」だとしても、二つ並ぶと賭けれないとはどういう状況でしょう? 御書講義も調べたのですが載ってないので、どなたかお知りでしたら教えて下さい。


 検索してみました。鎌倉時代には普及していて、賭けも行われ、幕府による「禁止令」まで出ていたようです。

 一部抜粋――

 起源は古代エジプトで遊ばれたセネトという遊びであるとされているが、後の盤双六の原型と呼べるものはローマ帝国で遊ばれた12×2マスの遊戯盤とされている。
 これがシルクロードを経由して中国に入ってきた。東大寺正倉院には生前の聖武天皇が遊んだとされる盤双六が納められている。

盤双六の弊害


 この盤双六はゲームの進行に際して複雑な考と同時にさいころの偶然に頼る要素が大きく、賭博として行われた。
日本書紀』によれば、689年に初めての禁止令が出されており、また平安時代白河法皇も「雙六の骰子(盤双六のさいころ)」を天下の三不如のひとつとして挙げたとされている。
 また、鎌倉幕府江戸幕府の禁令にも度々見られている。

「賭けられず」だとしても、二つ並ぶと賭けれないとはどういう状況でしょう。


 御文の内容までは分かりませんでしたが、遊び方はいろいろあったようで、時代によっても異なるようですから、「石が二つ並んだときには、賭けることができない」というルールがあったのではないでしょうか。推測ですが。

小野不一


 恋さんが紹介してくれたページにこうあります。

 さいころの目にあわせて二つの石を動かすか、あるいは一つの石を目の合計数進めることができる。あともどりは出来ず、相手の石が二つ以上ある場合にはそこに進めない。


 この時代の双六は賭博です。

大勝利


 いや〜、スッキリしました。なるほど。そういうことだったんですね。私は「すごろくの石」とはサイコロの事だとばかりっていました。進むコマ石の方だったんですね。


 四条金吾へのお手紙には他にも「四条金吾御書」で、同じように譬えられています。

 雙六は二ある石はかけらず、鳥の一の羽にてとぶことなし(1176頁)

 相手の石が二つ以上ある場合にはそこに進めない


 四条金吾への身を用して一人で行動しないように促すのにピッタリの言葉ですね。恋さん、小野さん、ありがとうございました。

fやん


 蛇足かもしれませんが……。


 当該箇所は折伏の際に単独行動をするなという味で引用される部分です。「かけられず」とは「(手に)掛けられず」ということで、「殺されない」という味も含んでいるといます。双六(といってもバックギャモンですが)のルールで、ある場所に自分の駒が一つだけしかないと、そこに相手の駒が入る、一度盤上から出されます(まさに手に掛けられるわけです)。そして、ゴールから一番遠いところに再配置されますから、ゲーム上不利になるわけです。ところが、二つ以上あるとブロックできるので、相手の駒が入れません。このブロックが双六の戦術上のキモになっていて、六つ連続でブロックされているると相手は全く駒を動かせず、双六ではブロックした側の勝利になります。

小野不一

 
 fやん、詳しいねえ。「双六」というネーミング自体に色んな味が込められてそうですな。

小野不一


 御書には、他にも「囲碁」に触れた箇所もあります。

 囲碁と申すあそびにしちようと云う事あり一の石死しぬれば多の石死ぬ(1046頁)


 ゲーマーによる、鎌倉時代の遊び(=風俗)に関する研鑚を望む。