総選挙を斬る 「麻生嫌われる理由」亀井氏インタビュー

 自民党総裁選は、「本命」の麻生太郎幹事長をはじめ、与謝野馨経済財政担当相や小池百合子元防衛相、石原伸晃政調会長ら複数の候補者が乱立する混戦模様となっている。自民党の裏を知る国民新党亀井静香代表代行が夕刊フジのインタビューに応じ、福田首相の投げ出し辞職から候補者の実像、解散総選挙の見立てなどを明らかにした。
「ひどい総裁選だ。かつては永田町の荒波で自らを鍛え、経済や外交、内政など総合的な政策を身につけた実力者が『私は日本をこうする』『私はこうだ』と競い合って迫力があった。それを誰でも参加できるお祭り騒ぎにするなんて」
 亀井氏は呆れ果てる。
 福田首相の辞任表明は与党内でも驚きだったが、亀井氏は「定の範囲内。少し早かったがね」といい、「完全な公明党政局。臨時国会の召集時期や定額減税の受け入れなど、首相は公明党の言いなりになるしかなかった。総選挙を控え、最大の支持団体の向は絶対だからね。首相はそれがイヤになって無責任に投げ出したわけだが、国民の目先をそらす『お祭り騒ぎの総裁選』や『新首相の誕生』も、公明党の狙い通りだ」と続けた。
 亀井氏が知る総裁候補者像はどうか。まず麻生氏について「最近、麻生氏は小泉改革路線を否定しているが、重要閣僚や党幹部として小泉改革に手を貸してきた張本人。国民生活をここまで破壊した責任者の1人だ。ほおかむりしてきれい事を並べるのはおかしい。自らを総括し国民におわびするべきだ」と手厳しい。
 自民党内には強烈な「麻生嫌い」が多いが、「華麗な生まれ育ちを鼻にかけ、『私はエリートだが、あなたは…』と他人を蔑視する傾向がある。相手は決して忘れない。遠くからながめる国民は分からないが、同僚議員はよく知っている。彼には国民の痛みなど分からない。野中広務元幹事長など『身をていして麻生首相を阻止する』と話していた」という。
 与謝野氏はどうか。
テクノクラートだ。方程式を与えれば答えを出す能力はずぬけている。ただ、日本を信で切り開く政策を生み出す力はない。財務省の言いなり。あと暗いな」
 小池氏や石原氏には、「小池氏は、その時々の実力者の間を渡り歩いてきた。政治家として能力があるかどうかは分からない。石原氏は政治家としての実績がない。総裁選に出て、何をしたいのか分からない。(国民の目先をそらす)チンドン屋は1人でできないから、出てきているだけだろう」と指摘する。
 有力候補を切って捨てる亀井氏は「自民が破船になった証拠だ。公明のエンジンで何とか動いているが、船長が代わってもどうにもならない」と批判。
 そのうえで、解散総選挙について「臨時国会の冒頭解散が濃厚だろう。新首相誕生で、ご祝儀もあって内閣支持率は50%以上いく。われわれ野党は臨時国会で、公明党矢野絢也元委員長の言論弾圧問題を徹底追及すると表明している。公明党は阻止するため、冒頭解散で対抗しようとするはず。新首相でも公明党向には逆らえない。ただ、国民生活を破壊した与党の罪は消えない。国民のために政権交代を果たす」と話している。


ZAKZAK 2008-09-08

 魚住昭著『野中広務 差別と権力』によると、麻生太郎は過去に野中に対する差別発言をしたとして、2003年911日の麻生も同席する自由民主党総務会において、野中は以下のとおり批判した

総務大臣に予定されておる麻生政調会長。あなたは大勇会の会合で『野中のような部落出身者を日本の総理にできないわなあ』とおっしゃった。そのことを、私は大勇会の三人のメンバーに確認しました。君のような人間がわが党の政策をやり、これから大臣ポストについていく。こんなことで人権啓発なんてできようはずがないんだ。私は絶対に許さん!」


 これに対して、野中の激しい言葉に麻生は何も答えず、顔を真っ赤にしてうつむいたままだったと同書には記されている。


Wikipedia



野中広務 差別と権力 (講談社文庫)

統一教会との関係


 勝共推進議員の一人であり、国際勝共連合から送り込まれた一人の統一教会世界基督教統一神霊協会)信者を秘書として受け入れ、1988年の勝共推進議員教育報告書や1988年の統一教会支部活動報告書にも前を連ね、統一教会支部結成貢献ランクは「B」と評価されていた、などと一部メディアにおいて報道されたが、本人は週刊誌の取材に対し、統一教会との関係を全面否定している。


Wikipedia