沖浦克治氏の「熱原の三烈士」公演について その二


 先日、沖浦克治氏の「熱原の三烈士」公演についてという一文を書いたが、いまだにわからぬ愚か者がいる。沖浦シンパ自体は、大した人数もいないのだが、もはや完全な「組織組織」と化したがある。


 既に話し合える状態ではなく、これ以上の好き勝手を許してしまえば、更なる被害者が増えることを私は憂慮している。


 実際に被害に遭った方からもメールが寄せられている。ただ、私の方で被害状況を調べることが困であり、確認することもかなわないため、学会本部に報告するのが一番よいとわれる。宛先は必ず「指導監査委員会」にすること。また、時系列順で事実を要約して書くことを掛けてもらいたい。


〒160-8583
 東京都新宿区信濃町32番地
 創価学会本部 指導監査委員会御中