親孝行


 父が倒れたと聞いた時、「まだ、孝行らしい孝行もしてないのに……」といういが込み上げてきた。続いて「親孝行したい時には親はなし」という言葉が浮かんだ。言葉には人の考を縛る作用がある。そこで私は脳内の回路をつなぎ変えた。「だったら、親孝行しようとわなきゃいいんだな」と。私はを決して親不幸の道を歩む。こうなったら、グレてやろうかな(笑)。