日本は負債よりも資産が多い


 公明党の議員は全員が読むべきだ。政治の欺瞞、政治の無策ぶりが一目瞭然である。

 非金融法人企の金融純負債はピーク時には700兆円近くに達しているのだが、こんなことになってもマスコミは「普通の家庭に例えれば破産寸前」などと騒ぎ立てたりすることはない。
 最新(2008年3)の政府の金融純負債はいまだ450兆円程度である。しかも、民間の純資産の伸びが政府の純負債の伸びを上回っているし、国全体で連結すれば世界最大かつ過去最高の対外純資産250兆円(資金循環統計では282兆円)があるのだ。
 本来ならマスコミ各社は「普通の家庭に例えれば、日本はビル・ゲイツウォーレン・バフェット並みの億万長者」とでもいって騒ぎ立てるべきなのである。


【『国債を刷れ! 「国の借金は税金で返せ」のウソ』廣宮孝信〈ひろみや・たかのぶ〉(彩図社、2009年)】


国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ