公明・太田代表、遊説より選挙区 危機感鮮明に/支持母体「今後は比例集中」の声も

 公明党は25日の幹部会合で、衆院選東京12区に立候補している太田昭宏代表(63)の全国遊説取りやめを決めた。東京12区では太田氏と民主党青木愛氏(44)が激しく競り合っているため、30日の投開票日に向け、太田氏は自らの選挙戦に専する。公明党は全国8小選挙区で候補者を擁立したが、厳しい選挙に直面。支持母体・創価学会内では、今後、衆院での候補者擁立を比例代表に絞り、小選挙区からは撤退すべきだとの見も出始めた。
 太田氏ら公明党幹部は25日、東京都内の党本部で、選挙の終盤情勢を分析。出席者からは「小選挙区はいずれも厳しく、最後の5日間できっちりやり抜くしかない」などの指摘が出た。「選挙の顔」として、党首を前面に打ち出す選挙戦略も見直さざるを得ず、26日以降、太田氏を東京12区に張り付かせることを申し合わせた。
 太田氏や北側一雄幹事長(大阪16区)ら公明党小選挙区候補は全員、比例重複立候補を見送っている。小選挙区で落選すれば、復活当選の道はない。定外の戦を受けて、党幹部は「選挙後、うちだけ党首が(落選して、事実上)いない状況は、絶対避けなければならない」と危機を募らせる。
 選挙協力を行う自民党も、太田氏らへのてこ入れに懸命だ。自民党東京12区選対の幹部は24日夕、都議や区議らを集めた会議で、支持者や団体回りを徹底するよう檄(げき)を飛ばした。ただ自民党区議の一人は「自分の後援会には一度民主党に政権を取らせようという人が多い」と打ち明けた。

鳩山代表が演説、対決姿勢あらわ


 これに対して、民主党鳩山由紀夫代表は25日、東京12区内の街頭演説で、「公明党自民党の補完勢力。党首と一騎打ちで戦う女を応援してほしい」と訴え、公明党との対決姿勢をあらわにした。
 自民、公明両党が連立を組んで10で10年。圧倒的な多数だった自民党議席を激減させる可能が高い衆院選を目前に控え、公明党創価学会では、2大政党以外の政党が議席を獲得するのがしい衆院小選挙区に候補者を擁立するデメリットを主張するが強まりつつある。
 創価学会幹部は「これまで小選挙区に候補を立てていたので、自民党と協力せざるを得なかった。野党に転落したら、衆院小選挙区から手を引いて比例に集中すべきだ」と強調した。


毎日新聞 2009-08-26