ノリエガ元将軍を母国パナマに引き渡しへ 仏首相決定

 フランスのフィヨン首相が7月初め、資金洗浄の罪で禁錮刑に服していたパナママヌエル・ノリエガ元将軍(77)の身柄を同国に引き渡す決定をしたことが明らかになった。AFP通信が3日伝えた。弁護側も受け入れる方針で、引き渡し時期を調整している。
 パナマの独裁的指導者だったノリエガ元将軍は1989年、米国の軍事侵攻に伴い失脚。翌年、米国司法当局に麻薬取引などの罪で逮捕され、禁錮刑を受けて約20年間にわたり収監された。一方、フランスでは資金洗浄の罪で被告不在のまま有罪判決を受け、2010年に米国からフランスに身柄が移された。


asahi.com 2011-08-04


 ノリエガ将軍の評価は二つに分かれる。どちらも紹介しておこう。

 霍見芳浩〈つるみ・よしひろ〉は非常に腰の強い論客だ。たぶん田原総一朗でもかなわない相手。こんな記事を書いていたとは知らなかった。

 ノリエガ将軍にかこつけて学会を批判する者は、アメリカが中南米で行ってきた分割統治の歴史も知らないのだろう。鬼の首でも取ったような態度で自分の無知をさらしている。敵失で相手教団を貶(おとし)める手法は【お互いに】やめるべきだ。議論が拙いものとなってしまうので。