19歳娘の余命、客から知らされた女性…勝訴

 がんだった娘の余命を看護師が漏らし、経営する飲食店の客から知らされて精神的苦痛を受けたとして、大分市の女性が同市内の病院院長に330万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡高裁は12日、請求を棄却した1審・大分地裁判決を変更し、院長に110万円の支払いを命じる判決を言い渡した。


 犬飼真二裁判長は「院長には看護師が職務上知り得た情報を漏らすことがないよう、監督する義務があった」と述べた。


 判決によると、女性の娘はがん治療で同病院に入院、通院。担当の女性看護師は2008年6月頃、余命が半年と分かり、飲食店名とともに夫に漏らした。夫は同店の利用客で、同年7月に来店した際、医師から余命を告げられていない女性に「娘さん、長くないんだって。あと半年なんやろ」などと話した。


 娘は同年12月、19歳で亡くなった。


 1審は看護師の夫婦間で私的に行われた行為として、院長の責任は認めなかった。これに対し、高裁判決は「勤務場所でなくても、看護師が職務上知り得た秘密を漏らさないよう、監督することができた」として使用者責任を認めた。


 女性は院長と看護師夫婦を相手に提訴。夫婦とは和解が成立している。院長の代理人弁護士は「判決文を読んでおらず、コメントできない」と話した。


2012年7月13日10時17分 読売新聞


 閉鎖的な集団ほど、その親密さによってプライバシーが踏みにじられる。特にウチは酷い。

 この指導が守られたことはかつてなかった。これからもないことだろうよ。


 池田vs阿部紛争以降、創価学会では敵のプライバシーを突く攻撃手法が常態化した。そして差別的な表現を堂々と使用するようになった。以下の記事がその典型である。

 でもって矢野氏が本を出した途端に沈黙を保ってやがる。まったくもって笑止千万だ。叩いたり引っ込めたり、ご苦労なこって。